葉子・ハュス・綿貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葉子・ハュス・綿貫(ようこ・ハュス・わたぬき、Yoko Huijs-Watanuki、1959年 - )は、大分県出身の作家翻訳家太平洋戦争中に日本により占領されたインドネシアにて、オランダ系の女性と日本の軍人や商社員との間に生まれた日系2世のオランダ人に対する父親を捜すボランティアを行っている[1][2]九州大学医療技術短期大学部卒。

1985年に青年海外協力隊保健婦隊員としてガーナを訪れた際に出会ったオランダ人と結婚。1990年より夫と共にオランダのレンクムにて 暮らし始めた。現地での生活や文化にとまどうなかで日系2世オランダ人の存在を知り、1994年より支援を始めた[1]

2006年11月、日系2世オランダ人のクラウディーネ、ナニー、モリーが差別を受けながらも父親を探す物語『教科書に書かれなかった戦争 わたしは誰の子? 父を捜し求める日系二世オランダ人たち』が発売された。

著書[編集]

  • 教科書に書かれなかった戦争 わたしは誰の子? 父を捜し求める日系二世オランダ人たち(梨の木舎、2006年)

出典[編集]

  1. ^ a b 2009年8月16日付新潟日報 2面 『きょうの人』
  2. ^ 版元ドットコム