菅野武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かんの たけし
菅野 武
生誕 (1977-07-07) 1977年7月7日(41歳)
日本の旗 日本宮城県仙台市
国籍 日本の旗 日本
教育 東北大学大学院医学系研究科博士課程在籍
出身校 東北学院高等学校
自治医科大学
職業 医師
配偶者 有り
子供 有り
受賞 タイム100

菅野 武(かんの たけし、1977年7月7日 - )は、日本医師内科医)。

宮城県仙台市出身。1998年東北学院高等学校卒業、2005年に自治医科大学医学部医学科を卒業し医師免許取得[1]。同年より国立病院機構仙台医療センターで初期研修を受ける。

宮城県内の栗原市立栗原中央病院勤務を経て、2009年(平成21年)4月から宮城県本吉郡南三陸町公立志津川病院で勤務した[1]。2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生時、志津川病院で勤務中だった菅野は、患者を津波から逃れさせるため同院の最上階に避難させた。そして、震災の3日後に救出されるまで医療行為を続けた[2][3]

その後、出産のため仙台市にいた妻のもとに駆け付け、3月16日に子供を授かった様子が同日の『NHKニュース7』などで全国放送され[4]、『NHKワールド』などで世界に発信された[5]

同年4月21日に発表された米国タイム誌の2011年度の「世界で最も影響力のある100人」に、福島県南相馬市長の桜井勝延と共に選ばれた[3]

2011年平成23年)4月より東北大学大学院医学系研究科博士課程在籍[1][6]しつつ、2012年4月からは丸森町国民健康保険丸森病院内科医長も務める。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]