若湊祐三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若湊 祐三郎(わかみなと すけさぶろう、本名:村田 竹松(むらた たけまつ)。一時期岡島姓を名乗ったことがある。1861年11月5日 - 1920年9月21日)は、石川県能美郡(現小松市)出身の元大相撲力士。最高位は関脇。所属は初め富士ヶ根部屋で、伊勢ノ海部屋を経て高砂部屋。現役時代の体格は169cm、90kg。得意手は突っ張り[1]

人物[編集]

関脇を4場所、小結を6場所務めるなど、17年もの長きにわたり幕内上位を維持。1902年(明治35年)5月には40歳ながら当時大関であった2代目梅ヶ谷を倒す殊勲を挙げた。立合い「ヨイショコラ」の掛け声を発し、猛突っ張りを武器とした[1]

略歴[編集]

主な成績[編集]

  • 幕内成績:122勝101敗3分14預90休 勝率.547
  • 幕内在位:33場所

年寄[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p18

関連項目[編集]