若杉慧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若杉 慧(わかすぎ けい、1903年8月29日 - 1987年8月23日)は日本の小説家、随筆家。本名は恵(さとし)。

広島高等師範学校(現在の広島大学教育学部の母体)を卒業して、教職につく。1948年に広島商船を退職してからは作家活動に専念するようになった。1932年に『絵桑』を「今日の文学」に発表して作家としてデビュー。1943年に発表した『淡墨』は第18回芥川賞の候補作にあがっている。戦後出版された『エデンの海』(1946年)は、3度にわたり映画化された。また、評論『長塚節素描』(1975年)が平林たい子文学賞を受けている。後半生には、石仏の研究を行い、写真集や随筆を出版した。

墓所は、東京都練馬区練馬信行寺に所在。

人物[編集]

広島県出身。広島高等師範学校(現広島大学)卒業。


著作[編集]

小説[編集]

  • 『絵桑』1932年
  • 『微塵世界』モダン日本社、1942年
  • 『淡墨』1943年
  • 色盲画家 九州書房、1946  
  • エデンの海』文化書院、1946年 のち角川文庫 
  • 六尺の土 大地書房、1947
  • 『蛇の言葉』講談社、1948年
  • いま来たこの道 朝日新聞社、1950
  • 乳房あるアマゾン 四季社 1951
  • 夜ひらく谷 大日本雄弁会講談社 1952
  • 禁断 大日本雄弁会講談社 1954
  • 『青春前期』大日本雄弁会講談社 1954 のち角川文庫 のちに映画化『青春前期 青い果実』(1965日活)
  • 愛の静脈 大日本雄弁会講談社 1955
  • 『清らかな乳房』鱒書房 1955 (コバルト新書)
  • 『夜ひらく谷』大日本雄弁会講談社 1956 (ロマン・ブックス)
  • 『花をつくる少年』角川小説新書 1957年
  • 水々しい炎 大日本雄弁会講談社 1957
  • 掌ほどの幸福 1961 (角川小説新書)
  • ひそやかな飼育 成瀬書房 1978.1

随筆評論[編集]

  • 未知のふるさと わが旅の記 六月社 1957
  • 『野の仏』東京創元社 1958年
  • 仏の微笑・人間の微笑 光書房 1959
  • 『朝旅夕旅』東都書房 1960年
  • 石仏巡礼 社会思想研究会出版部 1960 (現代教養文庫)
  • 須磨・明石・六甲の旅 秋元書房 1961 (トラベル・シリーズ
  • 北条石仏 筑摩書房 1963
  • 『ダムと石佛-只見川紀行-』毎日新聞社 1964
  • 野ざらしの歴史 佼成出版社 1966
  • 石仏讃歌 社会思想社 1968 (教養カラー)
  • 半眼抄 木耳社 1972
  • 『日本の石塔』木耳社 1970
  • 『道しるべのない旅』じゃこめてい出版 1973
  • 石仏の運命 木耳社 1973
  • 『長塚節素描』講談社、1975年
  • 広島の伝説 村岡浅夫共著 角川書店 1977.8 (日本の伝説)
  • 石仏百景 光風社書店 1977.10
  • 『野に生きる』光風社書店 1977年
  • 石の心-北条の石仏 東出版 1980.12
  • 石仏のこころ 弘生書林 1981.10

脚注[編集]