若木竹丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若木 竹丸(わかき たけまる、1911年1月20日 - 2000年1月3日)は、東京都文京区本郷出身のボディビルダー

人物[編集]

  • 東京都文京区本郷にて、警官の父と料理屋経営の母の間に生まれる。虚弱体質だった若木は、中学一年生の時に、上級生に虐められたのをきっかけとして肉体を鍛え始める。1938年、『怪力法並に肉体改造体力増進法』を出版。戦後、大山倍達木村政彦など、多くの格闘家、武道家にウエイトトレーニングを指導をした。このことはノンフィクション『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(増田俊也)に詳述されている。ちなみに初めて若木に師事した武道家は村田与吉という柔道家だということも増田が紹介している。
  • 身長162cm、体重69kg、胸囲132cm、上腕51cm。ベンチプレスの自己最高記録は約228kg。フロアープレス(寝差し)の自己最高記録は、約300kg以上。その他機関車の車輪(200kg以上)をベンチプレスで上げるなどの怪力を新聞などで紹介される。

エピソード[編集]

  • 大変気性の激越な性格で、10時間以上ぶっとおしで鉄アレイバーベルの鍛錬を続けたり、深夜就寝中であっても「俺以上に鍛錬してるヤツがいるかもしれない」と思い、起きてトレーニングを始めるほどだったと言われる。晩年においても、腕の力こぶを40cm以下にしたくないと言って、脳梗塞で倒れ、半身不随の体にもかかわらずダンベルで鍛錬をしていた。
  • 無段にもかかわらず、講道館に昇段審査を受けに行く。何人倒せば、五段をもらえるかと尋ねるが、初段から取るように言われる。若木曰く、応対に出た柔道家達は、若木の鍛え上げられた肉体に驚きを隠せなかったらしい。ちなみに、柔道四段の弟子に乱取りで負けたことはなかった。
  • ボクシングジムに体験入門。日本拳闘倶楽部において徐廷権渡辺勇次郎とスパーリングして勝つ。
  • 武装した与太者に制裁を加え、殺害する。正当防衛となり無罪。
  • 重量揚職業世界記録保持者、全日本職業的重量揚記録保持者、全日本腕角力選手権保持者、我國鐵亞鈴運動法開祖。
  • 戦後は銭湯の焼け跡で生活をし、神田で古本屋を営み生計を立てる。空手の大山倍達ともこの頃出会い、ヤカンや硬貨を掌で挟んで潰したり、大変印象深かったと語っている。
  • 大変なヘビースモーカーでコーヒー党であった。
  • 大山倍達が若木の家を訪ねた時、穴の開いたブリキ板が何枚もあり、何に使うのか訪ねたところ、「これは1枚50gになっていて、1回の練習ごとに、バーベルの両端に一枚ずつ、計100gずつ重量を増やしていくのです」と答えたという。大山はこれに深く感銘を受けたと言われている。

著書[編集]

  • 『怪力法並に肉体改造体力増進法』(2005年9月、体育とスポーツ出版社 復刻版) ISBN 4884582020

関連項目[編集]