花家圭太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花家 圭太郎(はなや けいたろう、1946年 - 2012年5月7日)本名:村岡末男は、日本の小説家(時代小説)、作家。

人物[編集]

秋田県仙北郡太田町(現在の大仙市)出身。秋田県立角館高等学校を経て明治大学文学部仏文科卒業。フリーライターをへて、1998年『暴れ影法師』でデビュー。

2012年5月7日、東京都中央区の病院にて肺がんにより逝去[1]。66歳歿。

著書[編集]

  • 花の小十郎シリーズ
暴れ影法師 花の小十郎見参 集英社 1998年3月 のち文庫
荒舞 花の小十郎始末 集英社 1999年5月 のち文庫
乱舞 花の小十郎京はぐれ 集英社 2002年6月 のち文庫
鬼しぐれ 花の小十郎はぐれ剣 集英社 2007年3月 のち文庫
  • 青き剣舞 中央公論新社 2003年7月 のち文庫
  • 群青遥かなり 徳間書店 2005年1月
  • 八丁堀春秋 集英社 2005年8月 のち文庫
日暮れひぐらし 八丁堀春秋 2009年8月 (集英社文庫)
上野不忍無縁坂 2005年9月
乱菊慕情 2007年2月
大川しぐれ 2007年10月
  • 木の葉侍 口入れ屋人道楽帖 2008年7月 (二見時代小説文庫)
影花侍 口入れ屋人道楽帖 2 2010年3月 (二見時代小説文庫)
葉隠れ侍 口入れ屋人道楽帖 3 2011年9月 (二見時代小説文庫)
  • 竹光半兵衛うらうら日誌 2010年10月 (徳間文庫)
花屋敷 竹光半兵衛うらうら日誌 2010年11月 (徳間文庫)
裏切りの雪 竹光半兵衛うらうら日誌 2011年2月 (徳間文庫)

脚註[編集]