芦浦観音寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
観音寺
Ashiura-Kannon-ji 2020.jpg
所在地 滋賀県草津市芦浦町445
山号 大慈山
宗派 天台宗
創建年 飛鳥時代
開基 伝・聖徳太子
別称 芦浦観音寺
公式サイト 芦浦観音寺
テンプレートを表示
芦浦観音寺の位置

芦浦観音寺(あしうらかんのんじ)は、滋賀県草津市にある天台宗の寺院。宗教法人としての名称は「観音寺」。

概要[編集]

聖徳太子の開基と伝えられている。1408年応永15年)、歓雅によって再興されたと伝わる[1]

安土桃山時代には一城主の地位を認められ4万石の領土をもつなど栄えた。七代目住職の慶順織田信長から水運権を任されるようになる[2]。九代目住職の詮舜は豊臣秀吉により水運権を任され、さらに湖南・湖東にあった蔵入地の代官を務めた[1]貞享2年(1685年)まで江戸幕府により琵琶湖の湖水奉行に任じられていた。こうして政治力を付けていくのと同時に周囲を堀で囲み、土塁や石垣で防御するようになった[1]

東京都千代田区にある観音坂の名前の由来でもある。この坂の麓に当寺の江戸屋敷があった為である。

境内は国の史跡に指定されている。2015年(平成27年)4月24日、「琵琶湖とその水辺景観- 祈りと暮らしの水遺産 」の構成文化財として日本遺産に認定される[3]

長年の風雨で建造物の劣化が進行し、地元有志が「守る会」を設立し、修復費用をクラウドファンディングで募集している[4]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 建造物
  • 絵画
    • 絹本著色黄不動尊像 - 平安時代
    • 絹本著色薬師三尊像 - 鎌倉時代
    • 絹本著色聖徳太子像 - 鎌倉時代
    • 絹本著色十六羅漢図 2幅 - 室町時代
    • 絹本著色五大尊像(不動尊を欠く)4幅 - 室町時代
  • 彫刻
    • 木造阿弥陀如来立像 - 鎌倉時代
    • 木造地蔵菩薩立像 - 鎌倉時代
    • 木造薬師如来坐像(所在:滋賀県野洲市永原)

史跡(国指定)[編集]

滋賀県指定有形文化財[編集]

  • 絹本著色観経変相図
  • 豊臣秀吉自筆北野湯茶道具目録
  • 芦浦観音寺文書233点 - 織田信長判物、織田信長禁制、織田信長朱印安堵状、豊臣秀吉朱印船定、明智光秀書状、丹羽長秀安堵状等を含む。

所在地[編集]

滋賀県草津市芦浦町363-1

交通アクセス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 芦浦観音寺跡 | 滋賀県観光情報[公式観光サイト]滋賀・びわ湖のすべてがわかる!”. びわこビジターズビューロー. 2021年12月7日閲覧。
  2. ^ 観音寺の概要”. 芦浦観音寺. 2021年12月7日閲覧。
  3. ^ 琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産”. 文化庁. 2020年9月20日閲覧。
  4. ^ 磯部愛 (2021年11月28日). “<湖国の現場2021> 国重文修復へCF募る 草津・芦浦観音寺 ”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/373375?rct=shiga 2021年12月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度03分35秒 東経135度57分18秒 / 北緯35.059611度 東経135.955028度 / 35.059611; 135.955028