舞鶴クレインブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舞鶴クレインブリッジ
Maizuru Crane Bridge
舞鶴クレインブリッジ
基本情報
日本の旗 日本
所在地 京都府舞鶴市
交差物件 舞鶴湾(平湾)
建設 ? - 1998年
座標 北緯35度30分35秒
東経135度23分17秒
座標: 北緯35度30分35秒 東経135度23分17秒
構造諸元
形式 3径間斜張橋
材料
全長 全長735.0m(橋長672.2m)
高さ 92m(主塔)
最大支間長 350m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
引揚記念公園から見たクレインブリッジ

舞鶴クレインブリッジ(まいづるクレインブリッジ)(英語Crane bridge) は、京都府舞鶴市舞鶴湾奥北東部の平湾に架けられた斜張橋である。

概要[編集]

第二次世界大戦の終戦後に引き揚げの拠点となった舞鶴平湾に架けられた鋼製の白い斜張橋である。1999年平成11年)5月開通。全長735m、水面から主塔頂部までの高さ約95m、ケーブルはファン型で、最大支間長350mは日本海側では富山県新湊大橋に次ぐ規模のものである。2羽のをイメージして設計されたもので、主塔は鶴のくちばしを、ケーブルは羽をイメージして造られ、英語で「鶴の橋」を意味する「クレインブリッジ」と名付けられた。

関西電力舞鶴発電所の工事用道路の一部として関西電力の発注により建設され[1]、 舞鶴市道として大浦地区の住民の市街地への移動を改善した。

アクセス[編集]

周辺の名所・文化施設・祭事[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広報まいづる3月16日号”. 舞鶴市. 2011年1月30日閲覧。

参考文献[編集]