舞鶴引揚記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 舞鶴引揚記念館
Maizuru Repatriation Memorial Museum
Hikiage051012.jpg
位置図
施設情報
事業主体 舞鶴市
開館 1988年4月
所在地 625-0133
京都府舞鶴市字平1584番地 引揚記念公園内
位置 北緯35度30分34.2秒 東経135度23分47.7秒 / 北緯35.509500度 東経135.396583度 / 35.509500; 135.396583
公式サイト http://m-hikiage-museum.jp/
プロジェクト:GLAM

舞鶴引揚記念館(まいづるひきあげきねんかん、英語:Maizuru Repatriation Memorial Museum)は、京都府舞鶴市にある博物館相当施設である。

概要[編集]

舞鶴港は、戦中は旧海軍の軍事的拠点として使用されていたが、戦後は大陸に進駐していた軍人軍属や一般人の日本本土への引揚、および日本に在留していた中国・朝鮮人の送還のための指定港のひとつとなった。さらに、日ソ中立条約を一方的に破棄し侵攻したソ連軍の捕虜となり、シベリアに抑留されていた旧軍人も、舞鶴へと帰還した。他港が早々に引揚港から除かれたため、これら引揚者のほとんどが、舞鶴港を入港先・帰還港とした。これに伴い、日本各地から夫や親族の帰還を待ち望む多くの人々が、舞鶴港へと出迎えに訪れた。

1988年(昭和63年)、多くの関係者の努力により、引揚に関わる一連の資料を展示する日本唯一の施設として設立されたのが、この舞鶴引揚記念館である。引揚者用の桟橋が設置されていた平地区を見下ろす丘に引揚記念公園が開設され、その一角に記念館が建設された。

2005年(平成17年)は、海外引揚60周年に当たる年であったことから、海外引揚第1船の入港した11月7日とその前後の日に記念行事が同市内各所で開催された。

記念館の収蔵品のうち570点が、『舞鶴への生還 1945-1956シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録』として、ユネスコ記憶遺産2015年登録となった[1]。なお、収蔵品寄贈者の木内信夫、安田清一は、ユネスコ記憶遺産としては日本初の生存作家となった。

シベリア抑留生活(舞鶴引揚記念館)

利用情報[編集]

  • 所在地 : 舞鶴市字平1584番地
  • 開館時間 : 9時から17時(最終入館は16時30分まで)
  • 休館日:毎月第3木曜日(8月と祝日を除く)

        年末年始(12月29日〜1月3日)

  • 料金 : 一般300円(団体200円)、小学-大学生150円(団体100円、舞鶴市内在住か在学の学生は無料) ※団体割引は20名以上。
    • 障害者割引 : 5割引
    • 京都交通の企画乗車券「舞鶴かまぼこ手形」を提示すると無料[2]
    • 赤れんが博物館との共通券は、一般400円、学生200円。
  • 駐車場 : 普通車60台可 無料。大型バス10台可 無料。

アクセス[編集]

鉄道・バス[編集]

[編集]

周辺の関連施設等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “世界記憶遺産:候補に「東寺百合文書」「抑留者引き揚げ」”. 毎日新聞. (2014年6月12日). http://mainichi.jp/select/news/20140613k0000m040051000c.html 
  2. ^ 平日も利用可能のバス1日乗り放題チケット “舞鶴かまぼこ手形” - 京都交通(2012年4月14日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]