舛川洋榮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舛川 洋榮(ますかわ ひろえい、1938年 - )は、日本実業家。元株式会社イトーヨーカ堂代表取締役副社長、元取締役コーポレート経営政策委員、元株式会社ヨークマート代表取締役社長、元取締役相談役[1]、元株式会社ヨークベニマル代表取締役会長、元株式会社ファミール(現・株式会社セブン&アイ・フードシステムズ)代表取締役社長、元株式会社テルベ(セブン&アイ・ホールディングス特例子会社)代表取締役社長。

人物・経歴[編集]

1961年3月千葉商科大学商経学部卒業。同年3月11日株式会社イトーヨーカ堂入社。同年4月に人事部配属以降、主に人事労務畑を歩み、鈴木敏文元代表取締役社長とのコンビで同社の人事体系を構築。取締役人事室長[2] 等の要職を歴任後、代表取締役副社長に就任。また、元株式会社ファミール(現・株式会社セブン&アイ・フードシステムズ)代表取締役社長、ならびに元株式会社ヨークマート代表取締役社長に就任し、両社の経営改善、黒字転換に尽力し、経営者としての手腕を発揮した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『21世紀のSM戦略』(関幸雄著、商業経済新聞社、1997年 150頁)