臺弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
臺 弘
(うてな ひろし)
生誕 臺 弘
(うてな ひろし)
(1913-11-28) 1913年11月28日
日本の旗 日本栃木県足尾町
死没 (2014-04-16) 2014年4月16日(100歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
研究機関 東京大学医学部
群馬大学医学部
出身校 東京帝国大学医学部医学科
医学博士東京大学1952年
プロジェクト:人物伝

臺 弘(うてな ひろし、1913年11月28日 - 2014年4月16日[1])は、日本の医学者精神科医

栃木県足尾町生まれ。東京大学医学部教授群馬大学医学部教授を歴任。医学博士東京大学1952年[2][3]。『台弘』と表記されることもある。

略歴[編集]

1913年栃木県足尾町生まれ。1937年東京帝国大学医学部医学科卒業。1952年医学博士。論文の題は「精神分裂病者腦組織の含水炭素代謝について」[4]東京大学[3]東京大学病院精神科松沢病院医員、群馬大学医学部教授1966年東京大学医学部精神医学教室教授、1974年3月東大を定年退官[5]。山田病院(東京都調布市)を経て坂本病院(埼玉県新座市)勤務[2][6]

人物[編集]

生活臨床などの功績がある。

1950年松沢病院にてロボトミー手術に便乗して行った皮質組織の採取を、1970年代初頭に批判された[7][8]

社会学者立岩真也の生存学サイトによると、党派的には代々木系に近い立場とされ[9]、戦前は共産主義の本を読んで投獄された経験もある[2]。臺擁護に回ったのは、新医協、全日本民主医療機関連合会などに属する代々木系の医師が多かったことが、高杉晋吾小沢勲によって指摘された[10]

学会[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『精神医学の思想』(筑摩書房
  • 『分裂病の治療覚書』(創造出版
  • 『分裂病の生活臨床』(同上)
  • 『誰が風を見たか~ある精神科医の生涯』(星和書店) 増補版に対して、芥川賞作家・絲山秋子が2015年の絲山賞(自らがその年に読んだ本の中で最も優れたものに捧げる賞)に挙げた[11]

編著・共著[編集]

訳書[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ NPO法人UBOM研究会のHPに発表された訃報
  2. ^ a b c 臺弘 『誰が風を見たか』 星和書店、1993年11月。ISBN 9784791102624 巻末
  3. ^ a b 臺弘. “精神分裂病者腦組織の含水炭素代謝について”. 国立国会図書館. 2013年3月3日閲覧。
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ サンケイ新聞 『ドキュメント東大精神病棟』 光風社書店、1978年10月 ASIN: B000J8LMO6 巻末年表および、181頁「ある占拠医の告白」
  6. ^ 立命館大学大学院人名索引 - 台弘
  7. ^ 「石川清氏よりの台氏批判問題」委員会(仮称)の討論経過をふりかえって
  8. ^ 大阪市立大学 - 戦後日本の人体実験問題例
  9. ^ 台(臺)人体実験批判
  10. ^ 高杉(1973)第三章 p. 77 - 137
  11. ^ 絲山秋子ブログ 小説や日記文学では表現できない「人間の生き方」をあらわした、ほかに類を見ない大切な記録だと私は受けとめました、との評価
  12. ^ 『誰が風を見たか』(星和書店)44~45ページ