能登半島沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
能登沖地震から転送)
移動先: 案内検索
能登半島沖地震
能登半島沖地震の位置(日本内)
能登半島沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1993年(平成5年)2月7日
発生時刻 22時27分
震央 日本の旗 日本 石川県珠洲市
北緯37度39.4分秒
東経137度17.8分秒
震源の深さ 25km
規模    マグニチュード(M)6.6
最大震度    震度5:石川県 輪島市
津波 26cm:輪島市
地震の種類 直下型地震
余震
最大余震 2月16日1時51分 M5.0 最大震度3
被害
死傷者数 死者:0人 負傷者:30人
被害総額 約42億円
被害地域 石川県
出典:特に注記がない場合は石川県による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

能登半島沖地震(のとおきじしん)は、1993年(平成5年)2月7日22時27分に日本石川県能登半島の沖で発生した地震。この地震に関し、消防庁能登半島沖地震、旧国土庁能登沖地震の名称を用いた[1][2]

概要[編集]

本震[編集]

震度 都道府県 市区町村
5 石川県 輪島市[3]
4 金沢市
富山県 富山市 高岡市
新潟県 上越市
3 新潟市中央区 佐渡市
福井県 福井市 敦賀市
長野県 長野市 諏訪市
岐阜県 高山市
愛知県 名古屋市千種区
滋賀県 彦根市

津波[編集]

22時37分、気象庁は、当時の津波予報区分で、6区(新潟県から能登半島の輪島までの沿岸)と、10区(能登半島の輪島の西から福井県までの沿岸)に津波注意報を発表し、22時41分には、5区(東北の日本海沿岸)にも津波注意報を発表した。6区と10区にある石川県輪島市において最大26cmの津波を観測した後、23時30分に津波注意報は解除された。

余震[編集]

地震発生から3ヶ月程、震度1〜震度3の体に感じる余震が観測された。最大余震は、2月16日1時51分に発生したM5.0の地震で、新潟県上越市で震度3の揺れを観測した。

被害[編集]

この地震による被害は、震源地に近かった石川県珠洲市に集中し、被害総額は約42億円となった。 おもな被害は次の通りである。

  • 負傷者 : 29名
  • 住宅全壊 : 1棟
  • 住宅半壊 : 20棟
  • 一部破損 : 1棟
  • 道路被害 : 142箇所
  • 水道断水 : 2355箇所
  • その他被害 : 珠洲市正院町飯塚にある火宮神社が倒壊、さらに同市正院町正院にある須受八幡神社の鳥居も倒壊した。また観光名所である見附島も被害を受け、東側(島の後方)の一部が大きく崩落した。

類似の構造の地震[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『国土庁長官官房水資源部「日本の水資源-その開発、保全と活用の現状-」』などで「能登沖地震」の表記が使用された。
  2. ^ 『平成5年版消防白書』・『平成6年版消防白書』などで「能登半島沖地震」の表記が使用された。
  3. ^ 珠洲市に当時は気象庁が設置する震度計が無かったが、震源地から南西に45km離れた同市宝立町柏原にある石川県小屋ダム管理事務所が設置する強震計では246ガルを記録。また建造物等損傷の程度を考慮すると、震源地に最も近い同市木ノ浦地区においては現行の震度階級で“震度6弱”を観測した可能性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]