統一科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

統一科学(とういつかがく)とは科学史においての主張や運動の一つ。これはウィーン学派モーリッツ・シュリックルドルフ・カルナップオットー・ノイラートらによって行われていた事柄である。論理実証主義の立場から物理学を基礎として、全ての科学というものは一貫した体系によって一つになるということであり、諸学を統一させようといった事柄であった。

外部リンク[編集]