ブラック・スワン理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒い白鳥

ブラック・スワン理論(ブラック・スワンりろん、英語:black swan theory)は、「ありえなくて起こりえない」と思われていたことが急に生じた場合、「予測できない」、「非常に強い衝撃を与える」という理論[1]。とりわけ予測できない金融危機自然災害をよく表している。

ヨーロッパでは白鳥は白い鳥だけと思われていたが、1697年オーストラリアで黒い白鳥(コクチョウ:ブラック・スワン)が発見される。以来、ありえなくて起こりえないことを述べる場合、“ブラックスワン”という言葉を使うようになった[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 転ばぬ先の日本経済...「ブラック・スワン」対策を学ぶ”. J-CASTニュース (2017年10月17日). 2018年3月21日閲覧。
  2. ^ ブラック・スワン(上)-不確実性とリスクの本質/感想
  3. ^ デバイス古今東西(35) ―― なじみの正規分布に落とし穴,ときには「ブラック・スワン」の概念で捉えることも必要

関連項目[編集]