細井和喜蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

細井 和喜蔵(ほそい わきぞう、1897年5月9日 - 1925年8月18日)は、日本の文筆家である。京都府与謝郡加悦町(現・与謝野町)生まれ。

略歴[編集]

幼いときから両親と別れ、13歳の時には唯一の保護者だった祖母にも死なれ、学校をやめて近くの丹後ちりめんの機屋の小僧となる。その後、いろいろと職場を変える。1916年に大阪に出て、紡績工場に勤める。まもなく、草創期の労働運動にも参加するようになる。1920年に上京して、紡績工場に勤めるが、当時の労働運動のなかのいわゆる「アナ・ボル論争」の中で、実際の運動からは距離をおくようになる。そのころから雑誌『種蒔く人』の人たちと知り合い、文学の道に向かう。

1924年、藤森成吉の斡旋で紡績工場の現実をルポルタージュにした「女工哀史」を雑誌『改造』に発表し、翌年単行本として改造社から刊行し、注目を浴びる。和喜蔵本人の職場経験あればこそのリアルな観察、古老からの聞き書き、妻としをの職場経験や、としをとの討論などが生かされ、内容は多岐にわたっている。

その後もいくつかの作品を準備したが、1925年8月18日、急性腹膜炎にて死去した。

女工哀史に描かれた内容の多くを提供し、執筆に向かう和喜蔵を支えたのも妻としをであった。しかし、和喜蔵の死後、長男(暁)も生後1週間で死亡し、内縁の妻であったとしをが印税を受け取ることはなかった。

没後[編集]

没後、自伝的長編小説『奴隷』『工場』(扱われている時代は『奴隷』のほうが早いが、刊行は『工場』のほうが先である)を改造社から刊行した。『女工哀史』とあわせて、その印税が基金となって、東京青山霊園に〈解放運動無名戦士墓〉がつくられ、現在も日本国民救援会が管理して毎年3月18日パリ・コミューン記念日)に追悼祭をおこなっている。

著書[編集]

  • 女工哀史改造社 1925 のち岩波文庫 
  • 『工場』改造社 1925
  • 『奴隷』改造社 1926
  • 細井和喜蔵全集』全4巻 三一書房 1955-56
  • 『細井和喜蔵作品集』全4巻 復刻版 本の友社 2002

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]