プランド・ペアレントフッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
米国家族計画連盟から転送)
プランド・ペアレントフッド
Planned Parenthood.svg
「援助せよ、何があれ。」
略称 PPFA、PP
前身 米国産児制限連盟(American Birth Control League)
設立 1916年10月16日 (105年前) (1916-10-16)[note 1]
設立者 マーガレット・サンガー
目的 性と生殖に関する健康(Reproductive health)
本部
貢献地域 アメリカ、プランドペアレントフッドグローバル、国際家族計画連盟[1]
会員数
600+ 病院所在地[2]
  • 58 医療関係者
  • 101 非医療関係者[3]
重要人物 アレクシス・マッギル・ジョンソン (Alexis McGill Johnson)
(会長兼CEO)
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

プランド・ペアレントフッド(Planned Parenthood Federation of America、PPFA、全米家族計画連盟)は、アメリカと世界で活動する性と生殖に関する医療サービス非営利組織。創設者はマーガレット・サンガー

国際家族計画連盟に加盟している。個人の権利に基づいた人工妊娠中絶手術、避妊薬処方、性病治療といったサービスを提供しながら、学術調査、性教育などを実施している。プロチョイス(人工妊娠中絶権利擁護派)の推進団体である。性と生殖に関する健康と権利の研究に特化したシンクタンク、ガットマッハー研究所は、1968年に同団体の支部として作られたが、1977年に現在の名称になり、2007年に完全に独立した。2017年メアリー・ウッダード・ラスカー公益事業賞受賞。日本の関連団体としてある日本家族計画協会はマーガレット・サンガーの来日を記念して創設された。

歴史[編集]

起源[編集]

初代会長マーガレット・サンガー (1922年)

プランド・ペアレントフッド(Planned Parenthood)の起源は、1916年10月16日、マーガレット・サンガー、妹のエセル・バーン、ファニア・ミンデルが、ニューヨーク市ブルックリン区のブラウンズビルに米国初の産児制限クリニックを開設したことにさかのぼる[4]。3人は、避妊、避妊アドバイス、および避妊情報を病院でおこなっていた。3人全員は逮捕され[5][6][7]、クリニックでわいせつな資料を配布したとして告発され、コムストック法の条項に違反したとして投獄さた。いわゆるブラウンズビル裁判は、国民の注目を集めた。サンガーと彼女の共同被告は軽罪で有罪判決を受け、その後2回の上訴裁判所に上訴した。最終判決を下した裁判官はまた、医師が処方した産児制限を許可するように法律を修正した。これは米国の避妊と性教育を管理する法律に大きな変化をもたらした[8]

支持者[編集]

バラク・オバマヒラリー・クリントンなどがプランド・ペアレントフッドの会議に出席し、演説している[9][10][11]

マーク・ジェイコブスマイリー・サイラスがコラボレーションTシャツを販売した。また、スカーレット・ヨハンソンも支持者の一人である。

スキャンダル[編集]

2015年に中絶した胎児の臓器に関する利益供与の疑いについて調査された[12]が、2016年に何ら問題となる行為は無かったことが分かった。[13]

参照[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Planned Parenthood dates its beginnings to 1916, when Margaret Sanger opened her first birth control center in Brooklyn. Its predecessor, the American Birth Control League, was founded in 1921, and the organization adopted the name Planned Parenthood in 1942.

出典[編集]

  1. ^ Pradhan, Rachana (2015年8月10日). “Bush role in Bloomberg charity gets attention: The billionaire's philanthropy partnered with Planned Parenthood on women's health”. Politico. オリジナルの2015年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151101012530/http://www.politico.com/story/2015/08/jeb-bush-role-in-michael-bloomberg-charity-planned-parenthood-121168 2015年11月5日閲覧。 
  2. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「PP ataglance」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  3. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「PPFA audited financial」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  4. ^ Goldberg, Michelle (2012年2月7日). “Awakenings: On Margaret Sanger”. The Nation. オリジナルの2015年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151019052546/http://www.thenation.com/article/awakenings-margaret-sanger/ 2015年11月5日閲覧。 
  5. ^ Esther Katz (poster) (2012年10月26日). “Anniversary of the Brownsville Clinic Raid”. Margaret Sanger Papers Project~Research Annex. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月27日閲覧。
  6. ^ Engelman, Peter C. (2011), A History of the Birth Control Movement in America, ABC-CLIO, 978-0-313-36509-6.
  7. ^ Chesler, Ellen (1992), Woman of Valor: Margaret Sanger and the Birth Control Movement in America, Simon & Schuster, 0-671-60088-5.
  8. ^ McVeigh, Frank; Loreen, Wolfer (2004), Brief history of social problems: a critical thinking approach (Illustrated ed.), University Press of America, ISBN 0-7618-2831-1 
  9. ^ 後期妊娠中絶、全米で禁止を”. viewpoint (2015年7月28日). 2016年10月20日閲覧。
  10. ^ President Obama's Speech at the Planned Parenthood National Conference 2013” (2015年7月28日). 2016年10月20日閲覧。
  11. ^ Hillary Clinton Planned Parenthood - Full Speech”. MSNBC (2016年6月10日). 2016年10月20日閲覧。
  12. ^ 中絶した胎児の臓器を販売! 常に女性の味方だった米・非営利医療団体。”. techinsightjapan編集部 (2015年7月27日). 2016年10月20日閲覧。
  13. ^ en:Planned Parenthood 2015 undercover videos controversy

外部リンク[編集]