プロチョイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロチョイス: pro-choice)は、人工妊娠中絶の是非をめぐる議論における「中絶権利擁護派」のこと。プロライトとも呼ぶ。「胎児の生命」と「母体の選択権」を比較した場合に「母体の選択権」を優先する立場のことをいう。対語は「プロライフ(ライフ=生命)」。

胎児が人権を備えた人間であるか否かの論点に加え、ユダヤ教キリスト教イスラム教の宗教的禁忌(神の意志に対する人間の意志の挑戦)の問題が絡みあい、生命倫理から政教分離に渡っての観点においてプロライフ陣営との対立がある。またフェミニズムの観点からは、中絶の禁止は男性社会による女性に対する出産の強制であり、一方的に女性の自己決定権を奪い支配する構造的女性差別の一環であるとする見方がある。

自由主義神学フェミニスト神学はプロチョイスだとされる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 山我哲雄著『図解これだけは知っておきたいキリスト教』洋泉社p.136

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

国際的な団体[編集]