第七の予言 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第七の予言
The Seventh Sign
監督 カール・シュルツ
脚本 ジョージ・キャプラン
W・W・ウィケット
製作 テッド・フィールド
ロバート・W・コート
製作総指揮 ポール・R・グリアン
出演者 デミ・ムーア
マイケル・ビーン
音楽 ジャック・ニッチェ
撮影 フアン・ルイス・アンチア
編集 キャロライン・ビッガースタッフ
配給 コロンビア・トライスター
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年4月1日
日本の旗 1988年7月2日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$18,875,011[1]
テンプレートを表示

第七の予言』(だいななのよげん、The Seventh Sign)は、1988年アメリカ合衆国ホラー映画デミ・ムーアマイケル・ビーン出演。

新約聖書」のヨハネの黙示録に記された“七つの予言”をモチーフに描いたオカルトスリラー映画

あらすじ[編集]

閏年を翌年に控えた1987年中米ハイチの海で魚の大量死が起き、一方、中東では砂漠の村が凍結するなど世界各地で異常現象が頻発していた。

その頃、カリフォルニア州のある町に住む弁護士のラッセルと2月29日に出産予定の妻アビーの家にデイヴィッドという謎の男が下宿、その日から彼女の周囲で奇怪な現象が頻発するようになる。

デイヴィッドに不審を抱いたアビーは彼の部屋を密かに調べ、古代文字で書かれた文書を見つける。そこには、「新約聖書」の“七つの予言”が全て現実になった時、世界は崩壊するという恐るべき内容が書かれており、自分たちもそれに関係がある事をアビーは悟る。

アビーは世界崩壊を阻止しようとする。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Seventh Sign”. boxofficemojo.com. 2011年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]