竹地盛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹地 盛治
基本情報
本名 竹地 盛治
階級 スーパーウェルター級
身長 170cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-04-27) 1977年4月27日
出身地 香川県仲多度郡[2]
死没日 (2001-08-10) 2001年8月10日(24歳没)
死没地 香川県仲多度郡[1]
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 10
KO勝ち 2
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

竹地 盛治(たけち せいじ、男性、1977年4月27日 - 2001年8月10日)は、日本プロボクサー香川県仲多度郡出身。元OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者。ヨネクラボクシングジム所属選手としてプロデビュー、1998年より中外ボクシングジム所属[3]多度津工業高等学校卒業[3]。OPBF王者との4連戦後、王座を保持したまま24歳で夭逝した。

来歴[編集]

高校時代にボクシングを始め[1]、1997年6月24日、プロデビュー戦に判定勝利を収めた。1998年のジム移籍前後を通じて2連敗後の同年11月22日、香川・坂出サティホールで4RTKO勝利を収め、再起を果たした。

2000年7月23日、坂出サティホールで宋国烈の持つOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座に挑戦。10Rに偶然のバッティングで左目上をカットし、試合はストップされた。これをヒッティングによる負傷としてレフェリーが宋のTKO勝利を宣言した後に裁定は一転、バッティングによるものとの竹地陣営の抗議が認められ、10Rまでの採点で2-1(98-96、97-95、95-99)の負傷判定勝利とされた。しかし負傷の原因をめぐって勝敗はもめ、さらに宋陣営の抗議が続いた。OPBFはこの試合に対して宋が正規王座を防衛、竹地は8月21日付で[1]暫定王座を獲得と認定し、王座統一戦を義務付けることで決着させた[3][2][年鑑01- 1]

2000年11月26日、坂出サティホールで行われた宋との同王座統一戦では初回に左フックでダウンを奪ったものの3Rに偶然のバッティングを受けてを負傷、試合はストップされて引分となり、それぞれが王座を防衛した[年鑑01- 2]。翌2001年1月15日、後楽園ホールでケビン・パーマーが4度防衛中のOPBF東洋太平洋ミドル級王座にスーパーウェルター級暫定王座を保持したまま挑戦し、0-3(116-117、115-117、115-118 )の判定負けとなった[年鑑02- 1]

2001年5月13日、坂出サティホールで、宋から正規王座を引き継いだ石田順裕とのOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座統一戦に3-0(115-114、116-114、117-116)の判定勝利を収めて同正規王座を獲得し[年鑑02- 2]、香川県初の同王者となった。

同年8月10日午前1時頃、琴平町金刀比羅宮表参道付近で用水路への転落を防止する鉄柵にロープを結んで縊死。午前6時40分頃発見され、琴平署は自殺と断定した。金刀比羅宮は竹地がトレーニングを兼ねて石段駕籠担きの副業をしていた場所であり、日本のジムに所属する現役王者の自殺は前例の無い事態であった[1]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:19戦10勝9敗[3]
  • プロボクシング:15戦10勝 (2KO) 3敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1997年6月24日 勝利 4R 判定 山口将士 (多寿満) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1997年8月26日 勝利 4R 判定 西澤聡 (エイティーン) 日本の旗 日本
3 1997年9月30日 勝利 4R 判定 清水光毅 (八戸帝拳) 日本の旗 日本
4 1997年11月8日 敗北 6R 判定 中橋裕仁 (白井・具志堅) 日本の旗 日本
5 1998年7月20日 敗北 6R 判定 斉藤幸一 (いわき協栄) 日本の旗 日本
6 1998年11月22日 勝利 4R 0:20 TKO 下迫田真也 (明石) 日本の旗 日本
7 1999年2月7日 勝利 6R 判定 吉田康成 (中内) 日本の旗 日本
8 1999年5月4日 引分 3R 0:50 負傷 山本昌碁 (新日本Tカスガ) 日本の旗 日本
9 1999年6月20日 勝利 8R 判定 松下文昭 (鈴鹿ニイミ) 日本の旗 日本
10 1999年11月14日 勝利 8R 判定 ハリス・プジョノ  インドネシア
11 2000年4月23日 勝利 1R 1:59 KO フローレンス・ガルシア フィリピンの旗 フィリピン
12 2000年7月23日 勝利 10R終了 負傷2-1 宋国烈 大韓民国の旗 韓国 OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ/暫定王座獲得として収束
13 2000年11月26日 引分 3R 0:55 負傷 宋国烈 大韓民国の旗 韓国 OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座統一戦
14 2001年1月15日 敗北 12R 判定0-3 ケビン・パーマー (金子) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
15 2001年5月13日 勝利 12R 判定3-0 石田順裕 (金沢) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座統一戦
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級暫定王座(1度防衛)
  • 第23代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座(防衛0=死亡による返上)

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ボクシング東洋太平洋Sウエルター級 現役王者竹地さん自殺」 日刊スポーツ、2001年8月11日。
  2. ^ a b 「日本チャンピオン&ランキングボクサー名鑑 - スーパー・ウェルター級」『ワールド・ボクシング』4月号増刊、日本スポーツ出版社、2001年4月30日 共通雑誌コードT1109804040843 雑誌09804-4、123頁。
  3. ^ a b c d ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日 ISBN 4-583-03784-8、133頁。

『日本ボクシング年鑑2001』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2001年3月10日 ISBN 4-583-03633-7

  1. ^ 「タイトルマッチ2000 - 東洋太平洋」、30頁。
  2. ^ 「タイトルマッチ2000 - 東洋太平洋」、31頁。

『日本ボクシング年鑑2002』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション/日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2002年3月30日 ISBN 4-583-03687-6

  1. ^ 「2001全タイトルマッチ - 東洋太平洋タイトルマッチ」、21頁。
  2. ^ 「2001全タイトルマッチ - 東洋太平洋タイトルマッチ」、22頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
石田順裕
第23代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者

暫定:2000年8月21日 - 2001年5月13日
正規:2001年5月13日 - 2001年8月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ナデール・ハムダン