竹内可吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹内可吉

竹内 可吉(たけうち かきち、1889年明治22年)2月28日 - 1948年昭和23年)12月29日)は、商工官僚、事務次官、企画院総裁、貴族院勅選議員

経歴[編集]

鹿児島県鹿児島市出身。1915年大正4年)に東京帝国大学法科大学経済科を卒業して、農商務属となり、翌年に高等文官試験に合格した。以後、事務官、書記官、商工省工務局長、特許局長官、燃料局長官を経て、1936年(昭和11年)に商工次官に就任した。その後、臨時物資調整局次長、物価局次長を歴任して1939年(昭和14年)に退官した。

1940年(昭和15年)に企画院総裁に就任。同年に退任した後は、7月16日に貴族院勅選議員に任じられた[1]。その後、1944年(昭和19年)から1945年(昭和20年)まで軍需次官を務めた[2]1946年(昭和21年)5月14日、貴族院議員を辞職した[3]

戦後は、日本能率協会会長に就いた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4058号、昭和15年7月17日。
  2. ^ 『官報』第5261号、昭和19年7月28日
  3. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年