竜神峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竜神大吊橋
竜神ダムと竜神峡
竜神大吊橋北岸側には100m下の湖面まで続く階段が設けられている。

竜神峡(りゅうじんきょう)は、茨城県常陸太田市久慈郡大子町常陸大宮市にまたがる、竜神川の浸食によって形成された峡谷

概要[編集]

常陸太田市内に位置する渓谷の下流部には竜神川をせき止めて作られた竜神ダムがあり、ダム湖の上には歩行者専用の吊り橋である竜神大吊橋が架けられている。

ダム湖上流の渓谷には古い滝つぼが変化して生じた亀ヶ淵に代表される、無数の瀬や淵があり[1]、流域には竜が棲んでいたという伝説なども伝わる[2]。竜神大吊橋付近から亀ケ淵までは約4kmの自転車歩行者専用道路が設けられている。

竜神大吊橋[編集]

竜神大吊橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 茨城県常陸太田市
交差物件 竜神ダム
座標 北緯36度41分1秒 東経140度27分57秒 / 北緯36.68361度 東経140.46583度 / 36.68361; 140.46583
構造諸元
全長 375m
高さ 100m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

竜神大吊橋(りゅうじんおおつりばし)は、竜神峡に架かる観光用の歩行者専用有料橋である。

当時の水府村(現・常陸太田市)がふるさと創生事業の交付金を費用の一部に、約33億円[3]の費用を投じて建造し、1994年4月に完成。橋の建設には政治家の梶山静六が尽力したとされる[3]。トラスト補剛型式を採用し[4]、全長は375mで、歩行者専用の吊り橋としては2006年大分県九重"夢"大吊橋が完成するまでは日本一の長さであった。2007年以降も本州最長規模の橋であるとされていた[4]が、2015年12月、静岡県三島市に主径間長が400mの箱根西麓・三島大吊橋三島スカイウォーク)が完成したため、長さが本州一ではなくなったが、2016年8月現在、公式サイト上ではまだ「歩行者専用の橋としては本州一の長さ」という表記となっている。

ダム湖の湖面からの高さは約100mあり、橋の上からは阿武隈高地八溝山地の山並みを見渡せる展望が広がる[5]。橋を渡った対岸にはカリヨン施設が設けられている[4]

この大吊橋には交通用の通路としての機能がなく、大吊橋を渡った先の北岸側にはダム湖の湖面に下りるための階段と出口専用ゲートが設けられているものの、大吊橋のすぐ下流には茨城県道33号常陸太田大子線が走っているため、ダム湖の対岸に渡るために高低差100mの階段を上り下りしてこの大吊橋を利用する必要はない。また料金所は南岸側にしかなく、ダム湖の北側から入場して渡橋することはできない。

日本一の長さをアピールできなくなった後からは、日本最大級の高さからのバンジージャンプを売りにしており、テレビのバラエティ番組でも何度か使用されている。

竜神峡は紅葉の名所として知られており、紅葉シーズンなどには橋の上からの展望を求める多くの利用者で賑わう。その一方で非常に高額の建設費を要したにもかかわらず、年間を通じての利用者数が想定に及ばなかったことや、交通用の通路としてはまったく無用であることなどから、地元民から税金の浪費であるとの批判が続出し、しばしばメディアなどによる糾弾の対象となることもある[3]

竜神峡の画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 観光情報 竜神峡”. 常陸太田市観光サイト. 2009年5月16日閲覧。
  2. ^ ★亀ヶ淵★~竜伝説が残る竜神川~”. 観光いばらき. 社団法人茨城県観光物産協会. 2009年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c “極上の税金リゾート第2弾 茨城県編”. 報道ステーション (テレビ朝日). (2005年2月16日). http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/sp_2006/special/050216.html 2009年5月5日閲覧。 
  4. ^ a b c 竜神大吊橋ガイド”. 茨城県常陸太田市「竜神大吊橋」公式サイト. 株式会社水府振興公社 (2007年). 2009年5月16日閲覧。
  5. ^ ★竜神大吊橋★~竜伝説が残る竜神峡の日本最大規模の歩行用吊橋~”. 観光いばらき. 社団法人茨城県観光物産協会. 2009年5月16日閲覧。

位置情報[編集]

外部リンク[編集]