立石岬灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立石岬灯台
立石岬灯台(2016年11月12日撮影)
立石岬灯台の位置(福井県内)
立石岬灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
1047 [M7246]
位置 北緯35度45分42秒 東経136度01分07秒 / 北緯35.76167度 東経136.01861度 / 35.76167; 136.01861座標: 北緯35度45分42秒 東経136度01分07秒 / 北緯35.76167度 東経136.01861度 / 35.76167; 136.01861
所在地 福井県敦賀市字立石エリヶ崎
塗色・構造 白色 塔形 石造
レンズ LB-40型灯器
灯質 単閃白光 毎10秒に1閃光
実効光度 260,000 cd
光達距離 22海里(約41km)
明弧 60度から319度まで
塔高 7.95 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 122 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1881年明治14年)7月20日
管轄 海上保安庁
第八管区海上保安本部
テンプレートを表示
立石岬灯台遠望

立石岬灯台(たていしみさきとうだい)は、福井県敦賀市にある立石岬の突端に立つ白亜塔形石造の中型灯台。周辺は、若狭湾国定公園に指定され、リアス式海岸の造形する風光明媚の地。また、敦賀市の市章のデザインにもなっている。

歴史[編集]

  • 1880年(明治13年)4月に起工。
  • 1881年(明治14年)6月に竣工、7月20日に初点灯した[1]が、当時は石油ランプを使用していた。全国の主要灯台のうち36番目、日本海沿岸では角島灯台山口県)に次ぐ、2番目のもの。また、日本人のみで建設された最初の西洋式灯台として知られる。総工費は当時のお金で22,600円かかり、石材は現地産の花崗岩。建設当初の名称は「立石岬灯台」だった。
  • 1904年(明治27年)に「立石埼灯台」と改称。
  • 1914年(大正3年)からは、ガス灯(アセチレンガス)に変わる。
  • 1938年(昭和13年)から、電化される。
  • 1960年(昭和35年)に、フランス製不動フレネル式レンズから、LB-40型の回転式灯器に交換される。それまでのレンズは、敦賀市立博物館に展示されている。
  • 1961年(昭和36年)に、無人化される[2]
  • 2002年(平成14年)11月に、再び「立石岬灯台」に名称が戻された。
  • 2017年(平成29年)5月2日 - 灯台建屋と囲障が登録有形文化財に登録された[3][4][5]

付属施設[編集]

  • 沿岸域情報提供システム(MICS)による観測箇所

交通[編集]

JR敦賀駅から福鉄バス立石行き約41分、終点下車後徒歩約15分

脚注[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]