稲田祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲田 祐二(いなだ ゆうじ、1927年8月22日 - 2012年3月2日)は、神戸市出身の生化学者。専攻はタンパク質工学。 2012年3月2日、悪性リンパ腫により死去[1]。84歳没。


学歴[編集]

職歴[編集]


現在

  • 桐蔭横浜大学人間科学工学センター教授。
  • 東京工業大学名誉教授。
  • バイオハイブリッド研究会事務局代表。
  • 日本生化学会評議員。
  • 日本血栓止血学会評議員。
  • 日本バイオマテリアル学会評議員。
  • 日本DDS学会評議員。
  • The New York Acad. Sci. Active Member

著書[編集]

  • 『タンパク質ハイブリッド ここまできた化学修飾』(共立出版、1987年)
  • 『続タンパク質ハイブリッド これからの化学修飾』(共編。共立出版、1988年)
  • 『タンパク質ハイブリッド 化学修飾最前線』(共編。共立出版、1990年)
  • 『「いのち」の不思議さ』(紀伊國屋書店、1992年)
  • 『糖鎖ハイブリッド』(共編。共立出版、1995年)
  • 『バイオコンジュゲート医薬品』(共著。廣川書店、2000年)

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 東京工業大学名誉教授の稲田祐二さんが死去 日本経済新聞 2012年3月6日閲覧

外部リンク[編集]