秋富由利夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 秋富 由利夫 Golf pictogram.svg
Yurio Akitomi
基本情報
名前 秋富 由利夫
生年月日 (1950-09-13) 1950年9月13日(70歳)
身長 162 cm (5 ft 4 in)
体重 57 kg (126 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
経歴
2014年11月7日現在
テンプレートを表示

秋富 由利夫(あきとみ ゆりお、1950年9月13日-)は、佐賀県出身のプロゴルファー

来歴[編集]

小倉商業高校卒業。11歳からゴルフを始め、麻生飯塚ゴルフ倶楽部で藤井義将に弟子入り。162cmと小柄ながら師匠の藤井ばりの広いスタンス、大きなスイングが特徴であった[1]。同じ所属プロで藤井の弟子であった藤池昇龍友利勝良とのラウンドで腕を磨き、1979年から1981年まで九州オープン3連覇を達成するが、賞金ランキングは1980年の31位が最高位。シード30位をほぼ手中にしていたが、猛追する藤木三郎に僅か10万円の差で逆転されてこの順位になった[1]2003年は8試合に出場してキャッスルヒルオープン4位タイ、日本シニアオープン7位タイなどで賞金ランク15位としてシード復活を果たした[1]2004年はキャッスルヒルで久々に優勝争いに加わったが、結局高橋勝成に逃げ切られ2位タイに終わった。日本シニアオープンで予選落ちするも、アデランスシニア11位タイ、日本プロシニア18位タイなど着実に賞金を重ね賞金ランク15位に入りシード権を守った[2]

デビッド・イシイアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)は親しいプロとして真っ先に秋富の名前を挙げている[3]

優勝大会[編集]

アジアンツアー
JGTO
  • 九州オープン(1979年)
  • 九州オープン(1980年)
  • 九州オープン(1981年)
その他
  • 西日本アマ・プロゴルフトーナメント(1981年) プロの部
  • クレインカップ真庭オープン(1994年)

テレビ番組[編集]

  • 『で〜ちゃんのぶらっと金曜日』「ぶら金ゴルフ」(テレビ宮崎[5]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 2004年シニア選手紹介
  2. ^ 2005年シニア選手紹介
  3. ^ 『日本のゴルフ100年』「第一八章 秋富由利夫の助言」 久保田誠一、日本経済新聞社、2004年、ISBN 978-4532164706
  4. ^ “Akitomi wins nail-biting sudden death”. The Straits Times (Singapore): p. 26. (1977年3月7日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19770307-1.1.26 2020年3月16日閲覧。 
  5. ^ UMK テレビ宮崎 > 番組情報 > で〜ちゃんのぶらっと金曜日 > ぶら金ゴルフ 2014年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]