私という小説家の作り方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
私という小説家の作り方
著者 大江健三郎
発行日 1998年
発行元 新潮社
ジャンル 随筆
日本の旗 日本
言語 日本語
コード ISBN
Portal.svg ウィキポータル 書物
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

私という小説家の作り方』(わたしというしょうせつかのつくりかた)は、大江健三郎の著作である。1998年に新潮社より刊行された。2001年に新潮文庫から文庫版が出版された。

1996年から1997年にかけて『大江健三郎小説』という全10巻の選集が新潮社より刊行されたが、それに付された月報のために執筆された大江健三郎の文章をまとめたものである[1]

全集の冊数に合わせて全10章からなる大江の文学的な自伝であり、大江文学に影響を与えた過去の出来事の回想が語られる。また『万延元年のフットボール』、『新しい人よ眼ざめよ』、『懐かしい年への手紙』など大江の作品の創作秘話が明かされている。 あわせて大江自身の文学観、小説作法、先行作品(四章 詩人たちに導かれて、等)や文学理論・文化理論(五章 この方法を永らく探しもとめてきた、等)からの影響などが明らかにされている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ あとがき『大江健三郎作家自身を語る』