燃えあがる緑の木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

燃えあがる緑の木』(もえあがるみどりのき)は、大江健三郎の小説。著者の故郷である四国の森を舞台に、新興宗教めいた動きを描いた大江の最も長い長編小説である。

文芸誌『新潮』1993年9月号より連載され、1995年に完結し、新潮社より刊行された。

『燃えあがる緑の木』は全3部からなり、それぞれに第一部「「救い主」が殴られるまで」、第二部「揺れ動く(ヴァシレーション)」、第三部「大いなる日に」というタイトルが付されている。

第二部発表後、大江はノーベル文学賞を受賞した。また完結直後にオウム真理教地下鉄サリン事件が起き、予言的作品ともされた。

また大江はこの作品の完結後、「最後の小説」としていたが、1996年、友人・武満徹告別式において新作を捧げる発言をし、1999年の『宙返り』で執筆活動を再開した。

三部書誌[編集]

  • 第一部 「救い主」が殴られるまで 『新潮』1993年1月、同年11月単行本、1998年1月新潮文庫 
  • 第二部 揺れ動く 『新潮』1994年6月、同年8月単行本、1998年2月新潮文庫 
  • 第三部 大いなる日に 『新潮』1995年3月、同月単行本、1998年3月新潮文庫

登場人物[編集]

  • サッチャン 語り手 もとは男だったのが「転換」をへて半陰陽となった若者 
  • ギー兄さん(あとの)伯父Kの友人の外交官(総領事)の息子、1953年ころの生まれ。千葉大学へ入るが左翼活動の内ゲバのため退学、のち東大農学部を卒業し、海外から戻ってき、オーバーの指名で、さきのギー兄さん(『懐かしい年への手紙』)の跡継ぎとなり、「救い主」と呼ばれる。
  • オーバー(祖母)村の長老的女性。オーバーの死から物語が始まる。
  • アサ 50代の女性。小説家の伯父Kの妹。