芽むしり仔撃ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芽むしり仔撃ち
著者 大江健三郎
発行日 日本の旗1958年6月 (講談社)
発行元 日本の旗1965年5月30日 (新潮文庫)
ジャンル 純文学
日本の旗日本
言語 日本語
ページ数 219
前作飼育
次作見るまえに跳べ
公式サイト http://www.shinchosha.co.jp/book/112603/
コード ISBN 978-4-10-112603-6
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

芽むしり仔撃ち』 (めむしりこうち) は、1958年講談社から出版された大江健三郎(当時23歳)の初の長編小説である。

あらすじ[編集]

太平洋戦争の末期、感化院の少年たちは山奥の村に集団疎開する。その村で少年たちは強制労働を強いられるが、疫病が発生した為に村人たちは他の村に避難し、唯一の出入り口であったトロッコは封鎖され、少年たちは村に閉じ込められてしまった。見棄てられたという事実、目に見えぬ疫病に対する不安、突然顕われた自由に対して途方に暮れた時を越えて、子供たちは、自然の中で生を得て祭を催すにいたる。少年たちは閉ざされた村の中で自由を謳歌するが、やがて村人たちが戻って来て、少年たちは座敷牢に閉じ込められる。村長は村での少年たちの狼藉行為を教官に通知しない替わりに、村人たちはいつも通りの生活を送っていて、疫病も流行していなかった事にしろという取引を強要してくる。少年たちは当初は反発したが、やがて次々と村長に屈服してゆく。そして最後まで村長に抵抗する意志を捨てなかった「僕」は村から追放される。

備考[編集]

大江自身は「今でも好きな小説」だという[1]

脚注[編集]

  1. ^ 大江健三郎、すばる編集部『大江健三郎・再発見』集英社、2001年、59頁