二百年の子供

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二百年の子供
著者 大江健三郎
発行日 2003年11月
発行元 中央公論新社
ジャンル ファンタジー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 277
コード ISBN 978-4122047709(文庫版)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

二百年の子供』(にひゃくねんのこども)は、大江健三郎小説。3人の子供たちの時間を越えた冒険を描くファンタジー読売新聞2003年1月4日から10月25日まで連載され、後に中央公論新社から刊行された。

十代の読者を対象に書かれた著者の唯一のファンタジー・ノベルである。土曜日の朝刊に一ページ丸ごと使って掲載され、彫刻家舟越桂の挿絵が添えられた。土曜日朝刊の掲載は、学校の週休二日制導入に合わせた「親子で楽しむ読書の試み」という新聞側の企画提案による。[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 予戒としての近未来SF 尾崎真理子