福島富士男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福島 富士男(ふくしま ふじお、1951年 - )は、日本のアフリカ文学研究者、首都大学東京教授。

経歴[編集]

宮崎市生まれ。一橋大学卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。國學院大學助教授、都立大学助教授を経て、首都大学東京基礎教育センター教授。

南アフリカジンバブエを中心とする英語、ショナ語などの現代文学、アフリカの民話、口承文芸を専攻する。ナディン・ゴーディマーの翻訳が多い。

著書[編集]

  • アフリカ文学読みはじめ スリーエーネットワーク 1999.3(アフリカ文学叢書 別巻)

翻訳[編集]

  • 骨たち チェンジェライ・ホーヴェ 講談社 1990.5
  • ブルジョワ世界の終わりに ナディン・ゴーディマ スリーエーネットワーク 1994.10(アフリカ文学叢書)
  • 影たち チェンジェライ・ホーヴェ スリーエーネットワーク 1994.11(アフリカ文学叢書)
  • 愚者たち ジャブロ・S.ンデベレ 村田靖子共訳 スリーエーネットワーク 1995.10(アフリカ文学叢書)
  • バーガーの娘 ナディン・ゴーディマ みすず書房 1996.7
  • ナイジェリアの獄中から 「処刑」されたオゴニ人作家、最後の手記 ケン・サロ=ウィワ スリーエーネットワーク 1996.11
  • この道を行く人なしに ナディン・ゴーディマ みすず書房 2001.2
  • いつか月曜日に、きっと ナディン・ゴーディマ みすず書房 2005.4