福島和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福島和夫(ふくしま かずお、1930年4月11日 - )は、日本の作曲家音楽学者

東京都出身。独学で作曲を勉強。その後、鈴木博義武満徹らと知り合い、芸術家グループ「実験工房」に参加。これには姉の福島秀子も参加している。東洋的な響きに近いフルートのための作品を多数発表、代表作の『冥』などが生まれる。また『エカーグラ』は1959年に来日したストラヴィンスキーによって武満徹の『弦楽のためのレクイエム』などと共に絶賛されたうちの1曲である。1970年代後半からは、日本や東洋の伝統音楽の研究に主な活動を移している。上野学園大学教授。

作品[編集]

  • 途絶えない詩 (1953、無伴奏ヴァイオリン)
  • 鎮魂歌 (1956、無伴奏フルート)
  • エカーグラ (1957、アルトフルートとピアノ)
  • 「中有」より3つの小品 (1958、フルートとピアノ)
  • 伽陀迦廬那・第2版 (1959、フルートとピアノ)
  • 冥 (1962、無伴奏フルート)
  • 飛鏡 (1962、フルート・合唱・管弦楽)
  • 月魄 (1965、弦楽・ピアノ・ハープ・打楽器)
  • 水輪 (1967、2台ピアノ)
  • 風の輪 (1968、ピアノ)
  • 春讃 (1969、無伴奏フルート)
  • 水煙 (1972、ピアノ)

著書[編集]

  • 平野健次、福島和夫編『日本音楽・歌謡資料集』(勉誠社)
  • 福島和夫編『中世音楽史論叢』(和泉書院)
  • 福島和夫著『日本音楽史叢』(和泉書院)