福地健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福地 健治
基本情報
本名 福地 健治
階級 ウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1931年1月15日
出身地 東京都
死没日 (1989-09-24) 1989年9月24日(58歳没)
スタイル ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 71[1]
勝ち 44
KO勝ち 13
敗け 11
引き分け 6
無効試合 10EX
テンプレートを表示

福地 健治(ふくち けんじ、1931年1月15日 - 1989年9月24日)は、日本の元プロボクサー、元プロボクシングトレーナー東京都出身。元日本ウェルター級(2度獲得)、OBF東洋ウェルター級(2度獲得)王者。現役時代は王子拳道会(1954年より帝拳ボクシングジムへ改称)所属。

人物[編集]

日本ボクシング史に残る福地3兄弟の長兄で[1][2]、左右のフックを得意とした。天才というより地道な努力型で人間味にあふれ、奪われた王座はすぐに奪い返し、帝拳黄金時代を担う1人であった[2]JBCレフェリーの福地勇治は長男である[3]

来歴[編集]

1948年7月24日、プロデビュー戦で判定勝利を収めた。1950年12月15日、第8回東日本フェザー級新人王トーナメント決勝戦で金子繁治(笹崎)に4R判定負けを喫し、1955年4月19日には大阪府立体育館松山照雄(大星)の持つ日本ウェルター級王座に挑戦したが、判定負けを喫した。

日本王座獲得

1956年2月28日、大阪府立体育館で松山照雄に再挑戦し、判定勝利により日本ウェルター級王座を獲得した。同年10月3日、後楽園ジムで松山を迎えての初防衛戦に7RKO負けを喫し、王座を失った。

1957年8月2日、大阪府立体育館で松山に8RKO勝利を収め、日本ウェルター級王座を奪い返した。

東洋王座獲得

同1957年11月20日、5年近く王座に君臨したソムデス・ヨントラキット(タイ)に判定勝利を収め、OBF東洋ウェルター級王座を獲得した。この試合は年間表彰で、1957年度の年間最高試合賞を受けた。

1958年6月10日、後楽園ジムで沢田二郎(新和)に判定負けを喫し、日本王座を失った。

同1958年10月8日、沢田を迎えて東洋王座の初防衛戦を行い、判定で引き分けて王座を守った。1959年5月12日、スティーブ・トニー(フィリピン)に初回KO勝利を収め、同王座の2度目の防衛に成功し、同年11月5日、ムアンチャイ・TRO(タイ/1969年にジャガー柿沢と対戦したムアンチャイ・モンクトペッチと同じ選手)を迎えての3度目の防衛戦では判定で引き分けて同王座を守った。1961年1月2日、ムアンチャイ・TROとの再戦に判定勝利を収め、同王座の4度目の防衛に成功したが、同年12月16日、フィル・ラバロ(フィリピン)を迎えての5度目の防衛戦で大差の判定負けを喫し、この東洋王座を失った。

1962年7月2日、後楽園ジムでラバロと再戦。4Rに3度のダウンを喫して朦朧としながらも反撃を続け[2]、同じ4Rにダウンを奪い返す反撃で最終的に判定勝利を収め[1]、OBF東洋ウェルター級王座を再獲得した。しかしこの4度目の戴冠試合を最後に、1963年2月26日に同王座を返上して現役引退した。

引退後は一時期、帝拳ジムのトレーナーを務め鈴木信行を指導。1989年9月24日、病気により死去した。

獲得タイトル[編集]

  • 第10代日本ウェルター級王座(防衛0)
  • 第12代日本ウェルター級王座(防衛0)
  • 第2代OBF東洋ウェルター級王座(防衛4)
  • 第4代OBF東洋ウェルター級王座(防衛0)
受賞歴
  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 1957年度プロ部門殊勲賞
    • 1957年度プロ部門年間最高試合賞(OBF東洋ウェルター級タイトルマッチ)
    • 1959年度プロ部門敢闘賞

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日 ISBN 4-583-03784-8、124頁。
  2. ^ a b c 早乙女貞夫 「大器晩成 福地健治」『ワールド・ボクシング』7月号増刊、日本スポーツ出版社、1993年7月31日発行 共通雑誌コードT1009804071109 雑誌09804-7、140頁。
  3. ^ 個性豊かなつわものたち/帝拳黄金期のスター五人衆 ワールドボクシング編集部、2003年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
松山照雄
第10代日本ウェルター級王者

1956年2月28日 - 1956年10月3日

次王者
松山照雄
前王者
松山照雄
第12代日本ウェルター級王者

1957年8月2日 - 1958年6月10日

次王者
沢田二郎
前王者
ソムデス・ヨントラキット
第2代OBF東洋ウェルター級王者

1957年11月20日 - 1961年12月16日

次王者
フィル・ラバロ
前王者
フィル・ラバロ
第4代OBF東洋ウェルター級王者

1962年7月2日 - 1963年2月26日(返上)

空位
次タイトル獲得者
高橋美徳