高橋美徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 美徳
基本情報
本名 高橋 美徳
階級 ウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1939年4月26日
出身地 青森県黒石市
死没日 2018年5月23日
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 26
KO勝ち 11
敗け 4
テンプレートを表示

高橋 美徳(たかはし よしのり、1939年4月26日 -2018年5月23日)は、日本プロボクサー・プロボクシング・トレーナー経験者、現在はプロモーターである。青森県黒石市出身。現役時代は三迫ボクシングジム所属。階級はウェルター級、2017年3月まで国際ボクシングスポーツジム会長、東日本ボクシング協会副会長兼事務局長も務めた。

来歴[編集]

青森商業高校では1957年全日本高校選手権ライト級で優勝。

法政大学でも1961年、全日本大学ウェルター級優勝。

同年、三迫ジムに入門し、8月1日の奥山利夫戦でプロデビュー。 その時点から極度の近眼だった。

2戦目にKO負けを経験したが、その後は17連勝をマークする。

1963年3月9日、ウェルター級の世界ランク入り目指してアメリカの強豪ガーランド・ランドールと対決したが、2回KOに敗れた。

1963年8月26日、渡辺亮とのOBF東洋ウェルター級王座決定戦を判定で制し王座獲得。

1964年1月4日、エディ・パーキンスが持つWBAWBC世界ジュニアウェルター級王座に挑戦。死闘の末13RKOを喫し敗退。

同年5月8日、エリセオ・アランダを相手にOBF王座の初防衛に挑むが、4RKOで防衛失敗。

1964年9月24日のラリー・フェルナンド戦を最後に網膜剥離引退

三迫ジム・トレーナー経て1971年4月1日、国際ボクシングスポーツジムを設立。ロイヤル小林・高校及び大学の後輩でもあるレパード玉熊セレス小林の3人の世界王者を輩出した。

戦績[編集]

  • 30戦26勝(11KO)4敗

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
福地健治
第5代OBF東洋ウェルター級王者

1963年8月26日 - 1964年5月8日

次王者
エリセオ・アランダ