福井直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福井 直樹(ふくい なおき、1955年 - )は、日本の言語学者上智大学外国語学部教授。専門は理論言語学認知科学

人物[編集]

国際基督教大学教養学部卒業後、マサチューセッツ工科大学言語学哲学科大学院博士号を取得。MIT 認知科学センターポストドクトラル・フェローペンシルベニア大学言語学科助教授、カリフォルニア大学アーバイン校言語学科教授等を経て、2003年より上智大学教授。

著作[編集]

  • 『自然科学としての言語学 生成文法とはなにか』(大修館書店 2001年)
  • Theoretical Comparative Syntax: Studies in Macroparameters, Routledge, 2006
  • Theory of Projection in Syntax, The CSLI Publications, 1995

翻訳[編集]

  • ノーム・チョムスキー『生成文法の企て』辻子美保子共訳 岩波書店 2003 のち現代文庫 
  • 『チョムスキー言語基礎論集』編訳 岩波書店 2012