神林恒道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神林 恒道(かんばやし つねみち、1938年4月19日[1]- )は、日本の美学者大阪大学文学部名誉教授。元美学会会長。専門はドイツ・ロマン主義、近代日本の芸術。日本美術教育学会会長。新潟市會津八一記念館館長。日本フェノロサ学会会長。

新潟県出身。新潟県立新潟高等学校京都大学文学部卒業。1967年同大学院美学専攻博士課程中退。1996年「シェリングとその時代―ロマン主義美学の研究」で阪大文学博士帝塚山学院大学助教授、1974年阪大文学部助教授、89年教授。2002年定年退官、名誉教授、立命館大学先端総合学術研究科教授。2009年退職。

著書[編集]

  • 『芸術現代論 モダンからポスト・モダンヘ』(昭和堂、1991年)
  • 『シェリングとその時代 ロマン主義美学の研究』(行路社、1996年)
  • 『美学事始 芸術学の日本近代』(勁草書房、2002年)
  • 『美学つれづれぐさ』(新潟日報事業社 2009年4月)
  • 『にいがた文化の記憶』(新潟日報事業社 2010年9月)

共編著[編集]

  • 『現代芸術のトポロジー』(勁草書房、1987年)
  • 『西洋の美術 新しい視座から』(潮江宏三共編、昭和堂、1989年)
  • 『ドイツ・ロマン主義の世界 フリードリヒからヴァーグナーへ』(法律文化社、1990年)
  • 『日本の美のかたち』(世界思想社、1991年)
  • 『芸術の射程』(叢書ドイツ観念論との対話 ミネルヴァ書房、1993年)
  • 『ドイツ表現主義の世界 美術と音楽をめぐって』(法律文化社、1995年)
  • 『芸術の楽しみ やさしい芸術学』(原田平作共編、晃洋書房 1996年)
  • 『芸術における近代』(太田喬夫共編、ミネルヴァ書房、1999年)
  • 『日本の芸術論 伝統と近代』(ミネルヴァ書房、2000年)
  • 『美術史をつくった女性たち モダニズムの歩みのなかで』(仲間裕子共編著、勁草書房、2003年)
  • 『京の美学者たち』(晃洋書房 2006年)
  • 『西洋美術101 鑑賞ガイドブック』(新関伸也共編著 三元社、2008年)
  • 『日本美術101 鑑賞ガイドブック』(新関伸也共編著、三元社、2008年)
  • 『東アジアにおける〈書の美学〉の伝統と変容』萱のり子,角田勝久共編 三元社 2016

翻訳[編集]

  • ヘルバート・フォン・アイネム『ドイツ近代絵画史 古典主義からロマン主義へ』(武藤三千夫共訳、岩崎美術社、1985年)
  • ロバート・ローゼンブラム『近代絵画と北方ロマン主義の伝統 フリードリヒからロスコへ』(出川哲朗共訳、岩崎美術社、1988年)
  • ウード・クルターマン『芸術論の歴史』(太田喬夫共訳、勁草書房、1993年)
  • ヴェルナー・ブッシュ『ライト〈空気ポンプの実験〉 科学と宗教の神聖同盟』(三元社、1994年)
  • アルマン・ニヴェル『啓蒙主義の美学 ミメーシスからポイエーシスへ』(晃洋書房、2004年)
  • 『ドイツ・ロマン派風景画論 新しい風景画への模索』(仲間裕子共編訳、三元社、2006年)
  • 金英那『韓国近代美術の百年』監訳 三元社 2011
  • ヨスト・ヘルマント『メンツェル《サンスーシのフルート・コンサート》 美術に見る歴史問題』三浦信一郎共訳 三元社 作品とコンテクスト 2014

記念論集[編集]

  • 『美と芸術のシュンポシオン―神林恒道教授退官記念論集―』(勁草書房、2002年)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987,2002