神戸市立太閤の湯殿館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸市立太閤の湯殿館

神戸市立太閤の湯殿館(こうべしりつたいこうのゆどのかん)は、六甲山北麓有馬温泉郷の極楽寺境内にある博物館施設。

概要[編集]

阪神・淡路大震災で倒壊した極楽寺庫裏の下から豊臣秀吉の「湯山御殿(ゆのやまごてん)」の一部とみられる安土桃山時代の風呂の遺構が発見された[1]。この湯山御殿の「湯ぶね庭園」の保存と公開を目的に1999年平成11年)開設された。

館内には蒸し風呂、岩風呂、庭園の遺構を展示してあるほか、桃山時代をイメージした展示室には茶器や瓦などの出土品、秀吉と有馬温泉の歴史文化に関する資料が展示されている。

施設[編集]

  • 庭園― 地下1mに埋設保存している庭園遺構の真上に復元したもの
  • 岩風呂遺構
  • 蒸し風呂遺構
  • 展示室

文化財[編集]

神戸市指定史跡[編集]

  • 伝豊太閤湯山御殿跡 - 安土桃山時代。豊臣秀吉築造。湯ぶね庭園と蒸し風呂と岩風呂の遺構、焼き物や瓦等の出土品。

所在地[編集]

〒651-1041 兵庫県神戸市北区有馬町1642

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新兵庫史を歩く 湯のまちの伝説をたどる”. NHK神戸放送局. 2019年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度47分44.6秒 東経135度14分55秒