念仏寺 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
念仏寺
Nenbutsuji Kobe01s3200.jpg
本堂
所在地 兵庫県神戸市北区有馬町1641
位置 北緯34度47分45.60秒
東経135度14分55.35秒
山号 摂取山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 享徳5年(1532年
開基 岌誉上人
札所等 神戸十三仏霊場第9番(勢至菩薩
テンプレートを表示
神戸七福神の寿老人を祀る

念仏寺(ねんぶつじ)は兵庫県神戸市北区有馬温泉郷にある浄土宗に属する仏教寺院。山号は摂取山、本尊は快慶の作と伝わる阿弥陀如来立像。

歴史[編集]

室町時代1532年)の創建で開基は岌誉。安土桃山時代慶長年間)に谷之町から豊臣秀吉の正室北政所(ねね)の別邸跡である現在地に移転した。 古い石垣の上に建つ本堂は有馬温泉郷最古の建築物で江戸時代前期(1712年)の建立。

見所[編集]

  • 沙羅樹園 - 樹齢270年の沙羅双樹(神戸花50選)、蛤石、雀石など
  • 寿老人像 - 神戸七福神巡りの一つ
  • 阿弥陀如来立像(本尊) - 伝快慶作、高さ2尺5寸
  • 法然上人画像「月輪御影」

行事[編集]

  • 「沙羅の花と一弦琴の鑑賞会」 - 沙羅樹園にて。6月~7月の開花時期、有馬温泉観光協会主催

所在地・アクセス[編集]

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1641

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]