有馬切手文化博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 有馬切手文化博物館
The Philatelic Culture Museum Arima
The Philatelic Culture Museum Arima Kobe02n3200.jpg
施設情報
正式名称 有馬切手文化博物館
前身 郵趣文化センター
専門分野 郵趣
管理運営 一般財団法人切手文化博物館
開館 2005年(平成17年)5月6日
所在地 651-1401 
兵庫県神戸市北区有馬町663-3
位置 北緯34度47分55.5秒
東経135度15分3.3秒
プロジェクト:GLAM

有馬切手文化博物館(ありまきってぶんかはくぶつかん)は、神戸市北区有馬温泉に所在する切手関係の専門博物館である。

沿革[編集]

2005年(平成17年)5月6日財団法人郵趣文化センターが運営する博物館として開館。同法人理事長で、世界的な切手収集家金井宏之(2012年没)[1]が館長を務めた。博物館の敷地はもともと金井が有馬温泉に所有していた土地で[2]、郵趣文化センターに寄贈されたものである[3]

運営団体は、2007年(平成19年)8月に、財団法人郵趣文化センターから財団法人切手文化博物館に名称変更した。

所蔵品・展示[編集]

収蔵品総数は約50万点(2007年時点)[4]。約4000点が常設展示されている(2007年時点)[4]1871年に発行された日本最初の切手「竜文切手[4][5]1894年に発行された日本最初の記念切手明治天皇銀婚記念切手)[4]など、明治時代から現代に至るまでの130余年に発行された普通切手・記念切手を発行年代順・系統的に網羅している[5]。このほか、世界最初の切手であるイギリスの「ペニー・ブラック[5]なども随時展示されている。

また館内には、明治時代に郵便配達夫が実際に使っていた肩掛箱[5][6]や、郵便局で用いられた八角時計[6]駅逓寮が採用し交付したもの)など、郵便事業に用いられていた様々な貴重な資料があり、建物入り口には2つの丸型ポストが設置されている(青い郵便ポストは速達用に用いられたもの[4])。

建物[編集]

建物は、岩手県盛岡市で馬事文化博物館「稱徳館」として使用されていた江戸時代の土蔵を移築したものである[6]

もともとは盛岡で呉服・古着などを扱う豪商「糸治」中村家[7]にあった2棟の土蔵である[6]。建設されたのは文久元年(1861年)頃で[3]、一部には300年前のものとされる古材も用いられている[6]。この土蔵は中村家の別邸に移築され[3]、中村家の当主中村七三が集めた馬事資料を展示していた。なお、「稱徳館」所蔵品は青森県十和田市に移管され、十和田市馬事公苑内の「馬の文化資料館 称徳館」(2000年開設[8])で展示されている。

有馬温泉への移築の際、切手図案の瓦を埋め込んだ「なまこ壁」を配するなどの改修を行っている[6]。正面に掲げられたマークは、1887年まで用いられた郵便マークである[4]

利用案内[編集]

[9]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金井重要工業株式会社(大阪市北区)とその関連会社の元代表取締役。
  2. ^ 本博物館に近接する温泉旅館「古泉閣」も金井重要工業の関連企業である。
  3. ^ a b c 有馬切手博物館”. 有馬在住(「元湯龍泉閣」公式ブログ) (2007年11月14日). 2016年3月13日閲覧。[要高次出典]
  4. ^ a b c d e f 私のミュージアム27 有馬切手文化博物館 収蔵品50万点。珍しい、懐かしい切手が一堂に”. 龍谷 No.63. 龍谷大学 (2007年). 2016年3月13日閲覧。
  5. ^ a b c d 常設展示”. 有馬切手文化博物館. 2016年3月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 当館について”. 有馬切手文化博物館. 2016年3月13日閲覧。
  7. ^ 国指定重要文化財 旧中村家住宅”. 盛岡市. 2016年3月13日閲覧。
  8. ^ 旧「十和田市」のあゆみ”. 十和田市. 2016年3月13日閲覧。
  9. ^ 来館のご案内”. 有馬切手文化博物館. 2016年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]