神原陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神原 陽一(かみはら よういち Yoichi Kamihara YK)は、日本の物理学者、材料科学者。工学博士2005年)。慶應義塾大学理工学部准教授

2008年平成20年)に、鉄系超伝導体 LaFeAs (O,F) を発見[1]。鉄系高温超伝導体に関する論文がトムソン・ロイターから世界での最多被引用研究者として選ばれ[2]細野秀雄と共に発見した「超伝導物質」の論文が、山中伸弥・京都大学教授による「iPS細胞研究に基づく細胞の再プログラミング化」と共に米・『サイエンス』誌の2008年科学10大ニュースに選出された。

経歴[編集]

所属学会[編集]

受賞[編集]

その他[編集]

  • 自分のことを「草の近くにいる昆虫のつもり」という昆虫系男子。「人と同じことをやったら負ける自信がある」、「イケてないのが心地よい人もいるでしょ」などと独自の世界観を築き、マンガでも熱い正統派の少年マンガよりもマニアックな不条理ギャグが好きである。
  • 発見した鉄系超伝導 体LaFeAs (O,F) は、「とりあえず冷やそうか」と冷やしたのが始まり[3]
  • 漫画が好きであり、公私の悩みが多いときに銀魂を読んでリラックスしている。長谷川泰三がお気に入り[4]
  • 学術論文検索データベース「Web of Science」をラーメン屋の検索になぞらえて紹介するwebビデオ「Web of Ramen」(リバネスとトムソン・ロイターがコラボ)に鬼越トマホーク(お笑い芸人)と出演した。鉄系ラーメンの店主役で出演した。

出演作品[編集]

Web of Ramen(鉄系ラーメンの店主役)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]