ジェイシティ東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神保町三井ビルディング
神保町三井ビルディング
神保町三井ビルディング
ジェイシティ東京の位置(東京都区部内)
ジェイシティ東京
ジェイシティ東京
施設情報
所在地 東京都千代田区神田神保町1-105
座標 北緯35度41分39.2秒 東経139度45分36.9秒 / 北緯35.694222度 東経139.760250度 / 35.694222; 139.760250座標: 北緯35度41分39.2秒 東経139度45分36.9秒 / 北緯35.694222度 東経139.760250度 / 35.694222; 139.760250
状態 完成
着工 2000年(平成12年)10月
竣工 2003年(平成15年)3月
用途 オフィス
地上高
高さ 108.30m
各種諸元
階数 地上23階地下3階
延床面積 88,649
構造形式 鉄骨造、一部は鉄骨鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 山下設計[1]
施工 西松・大成・鹿島建設共同企業体
デベロッパー 三井不動産
東京パークタワー
東京パークタワー.jpg
施設情報
所在地 東京都千代田区神田神保町1-103
座標 北緯35度41分39.5秒 東経139度45分33.5秒 / 北緯35.694306度 東経139.759306度 / 35.694306; 139.759306 (東京パークタワー)
状態 完成
着工 2000年(平成12年)10月
竣工 2003年(平成15年)3月
用途 共同住宅
地上高
高さ 104.79m
各種諸元
階数 地上29階地下3階
延床面積 48,243
構造形式 高層鉄筋コンクリート造、一部は鉄骨鉄筋コンクリート造
戸数 324戸
関連企業
デベロッパー 三井不動産

ジェイシティ東京(ジェイシティとうきょう)は、東京都千代田区再開発地区。神保町三井ビルディング、東京パークタワー、神保町101ビル3棟で構成されている。

概要[編集]

再開発前は細かい道路に分断された街区上に古くからの建物が密集しており、防災性の向上と土地の高度利用を目的として再開発事業が計画された。千代田区は1990年に再開発基本計画を作成し、「神保町一丁目南部地区第一種市街地再開発事業」として1994年2月に都市計画決定、2000年に権利変換を終えて工事が開始された。神田神保町一丁目43番地から71番地の奇数番地と、33番地の計16街区2.5ヘクタールを区画整理により3街区に統合し、商業施設棟と居住棟を有する総延床面積14万2000平方メートルの複合施設が建設された。総事業費はおよそ645億円で、そのうち約8パーセントは千代田区の補助金を利用している。

ジェイシティ東京と命名され、西街区の現103番地(旧49・51・53・55・69・71番地)には東京パークタワーが、東街区の現105番地(旧43~47・57~67の奇数番地)には神保町三井ビルディングが、北街区の現101番地(旧33番地)には神保町101ビルが建設された[2]

沿革[編集]

  • 1994年平成6年)2月 - 都市計画決定(東京都告示第84号、この決定内容はその後2年ごとに計2回修正)、東京都住宅マスタープランで「住宅供給型再開発促進ゾーン」に指定。
  • 1995年(平成7年)10月 - 事業主体・神保町一丁目南部地区市街地再開発組合(地権者約130人)を設立。
  • 1997年(平成9年)3月 - 権利変換計画認可。
  • 2000年(平成12年)2月 - 権利変換完了。
  • 2000年(平成12年)10月 - 着工。
  • 2001年(平成13年) - 一般販売した251戸が即日完売。
  • 2002年(平成14年)1月 - 神保町101ビル竣工(地上12階、高さ50.60m、鉄骨造、コンクリート充填鋼管柱、延床面積4,517平方メートル)。
  • 2003年(平成15年)3月 - 神保町三井ビルディング・東京パークタワー竣工。
  • 2003年(平成15年)9月 - 神保町一丁目南部地区市街地再開発組合が解散。
  • 2004年(平成16年) - 土地活用モデル大賞を受賞。
  • 2018年(平成30年) - 旭化成が東京ミッドタウン日比谷に本社移転。

テナント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神保町三井ビルディング
  2. ^ 数字は『都市計画マスタープラン 地域別まちづくりプラン』千代田区

外部リンク[編集]