社会信用論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会信用論(しゃかいしんようろん、: Social credit)とは、クリフォード・ヒュー・ダグラスが提案し、A+B理論からなる、消費ギャップを埋める為、公共通貨(パブリックカレンシー)、国民配当(ベーシックインカム)、正当価格(ジャストプライス)で改善させる思想や運動のこと。

関連項目[編集]