コンテンツにスキップ

砂子坂道場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

砂子坂道場(すなこざかどうじょう)は、加賀国河北郡砂子坂(現石川県金沢市砂子坂町)に存在した浄土真宗の寺院。城端別院善徳寺や、法林寺村の光德寺の前身となったことで知られる。

概要[編集]

砂子坂の光徳寺跡
砂子坂のたたら場跡

室町時代後期、加越国境地帯の砂子坂集落に高坂氏という土豪がいた[1]。『元和九年光徳寺縁起之記録』によると、文明年間高坂四郎左衛門という武勇に優れた人物がいたが、実子がいなかったため弟の高坂治郎尉を後嗣とした[1]。その後、高坂治郎尉は文明3年(1471年)に吉崎滞在中の本願寺8代蓮如の下を訪れ、道乗という法名と阿弥陀如来の御絵像を与えられたという[1]

一方、本願寺5代綽如の三男周覚(玄真)の末裔は北陸方面で布教を行ったことで知られており、特に「中通り道」と呼ばれる交通路上に真宗寺院を創建していた[2]。加賀受徳寺栄玄が残した『栄玄聞書』には、「蓮如上人が吉崎に住まわれていた頃、加州河北三番砂子坂の道乗が本尊を望んだが、この人物は越前桂島照護寺の門徒であった」旨の記述がある[3][4]。これと対応するように、善徳寺の寺伝にも「蓮如上人が吉崎に滞在していた頃、吉崎から井波瑞泉寺に向かう際に『砂子坂の周覚が布教していた旧地』に立ち寄り、道場を建立するよう手配し周覚の孫蓮真に委ねた」と伝える[5]。これらの記録により、高坂治郎尉=道乗は当初越前桂島照護寺の門徒として砂子坂道場を開き、その縁から後に照護寺の蓮真が道場に入ったことが分かる[6]

しかし、文明4年8月に照護寺の後ろ盾であった甲斐氏が朝倉氏に敗れると、照護寺は二俣に逃れざるを得なくなった[7]。また、一向一揆の助けを得て加賀守護職を得た富樫政親も一向一揆の武力を危険視するようになり、文明7年(1475年)中に真宗門徒を弾圧した[6]。これにより、河北郡の井上荘を拠点とする高坂氏は加賀国において立場を失い、その庇護下にあった砂子坂の蓮真も越中方面に進出せざるを得なくなった[8]。そこで、恐らくは第2子賢誓が誕生した文明9年(1477年)後、蓮真は法林寺(法輪寺)に寺基を移し、これが後の城端善徳寺に繋がっていく[9]

一方、道乗の後裔は蓮真の一族が去った後も砂子坂に残り、これが現在の光徳寺の前身となる[8]。蓮真の退去後も、戦国時代を通じて砂子坂系列の寺院は砺波郡石黒地方に勢力を拡大した。光徳寺所蔵『文禄三年砂子坂末寺之覚帳』によると、文禄3年(1594年)までに砂子坂道場は法林寺・山本・岩木・三屋などに末寺を増やしている[3]。これらの地域はいわゆる「石黒郷」に属し、かつて福光石黒家の支配下にあった石黒郷を、石黒家庶流の高坂氏=砂子坂道場が掌握していったようである[3]

戦国時代を通じて砂子坂道場は道乗から乗慶・乗誓・道専へと受け継がれたが、道専没後の天正18年(1590年)11月9日に砂子坂の堂宇は落雷により焼失してしまった[10]。この時高坂家の系図や宝物は燃えてしまったが、本尊のみは火中から飛び失せて躑躅の上に鎮座し残ったと伝えられる[10]。その後、道専の息子光乗坊は文禄4年(1595)に砂子坂を去り、加賀国田近郷二日市村(現津幡町付近)に本尊を移した[11]。慶長19年(1614年)、法林寺村にある末寺の旦那の働きかけにより、光乗坊は初めて法林寺地域に移り、以後現在に至るまでこの地に寺院を構えている[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 福光町史編纂委員会 1971a, pp. 191–192.
  2. ^ 草野 1999, pp. 12–13.
  3. ^ a b c 金龍 1984, p. 773.
  4. ^ 草野 1999, p. 13.
  5. ^ 草野 1999, pp. 13–14.
  6. ^ a b 太田 2004, pp. 227–228.
  7. ^ 太田 2004, p. 214.
  8. ^ a b 太田 2004, p. 228.
  9. ^ 草野 1999, p. 18.
  10. ^ a b 笠原 1962, pp. 266–267.
  11. ^ a b 福光町史編纂委員会 1971a, p. 192.

参考文献[編集]

  • 太田, 浩史「越中中世真宗教団の展開と城端地域」『城端町の歴史と文化』城端町教育委員会、2004年、172-290頁。 
  • 笠原, 一男「越中国における真宗の発展」『一向一揆の研究』山川出版社、1962年、243-285頁。 
  • 金龍, 静「蓮如教団の発展と一向一揆の展開」『富山県史 通史編Ⅱ 中世』富山県、1984年、704-918頁。 
  • 草野, 顕之「善徳寺の開創と一向一揆」『城端別院善徳寺史』城端別院善徳寺蓮如上人五百回御遠忌記念誌編纂委員会、1999年、9-30頁。 
  • 草野, 顕之「医王山麓における真宗の足跡」『医王は語る』福光町、1993年、268-287頁。 
  • 藤田, 豊久「城端城主荒木善太夫に関する一考察」『城端町の歴史と文化』城端町教育委員会、2004年、291-305頁。 
  • 福光町史編纂委員会 編『福光町史 上巻』福光町、1971年。 (福光町史編纂委員会1971a)
  • 福光町史編纂委員会 編『福光町史 下巻』福光町、1971年。 (福光町史編纂委員会1971b)