石谷清茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石谷清茂
時代 江戸時代後期
生誕 元文3年(1738年
死没 寛政10年5月24日(1798年7月7日
別名 市十郎、市右衛門
官位 従五位肥前
幕府 江戸幕府
氏族 石谷氏
父母 父:石谷清夤、養父?:石谷清盈
兄弟 石谷清盈、銕次郎、女子、石谷清馨、兵三郎、石谷清茂石谷清憐
松波正英の娘
女子、石谷清順石谷清廣、女子

石谷 清茂(いしがや きよしげ)は、江戸時代旗本

生涯[編集]

石谷清夤の5男として生まれる。明和3年(1766年)12月3日、兄の石谷清盈の後を継ぐ。同月21日はじめて徳川家治に拝謁する。明和4年(1767年)2月20日、書院番の番士となり、安永5年(1776年)4月、徳川家治の日光社参の際に諸道具奉行を務める。安永6年(1777年)4月21日、御徒歩頭となり、同年12月18日、布衣の着用を許される。天明8年(1788年)10月19日、西城の御目付となる。寛政元年(1789年)9月7日、御目付となる。寛政3年(1791年)5月11日、禁裏付に移り、同年7月11日、従五位肥前守に叙任される。寛政9年(1797年)9月19日、御持筒頭となった。

参考文献[編集]