石橋信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石橋 信夫(いしばし のぶお、1921年9月9日 - 2003年2月21日)は、日本実業家大和ハウス工業の元社長・会長。奈良県吉野郡川上村出身。大和ハウス工業元社長で、子会社・大和情報サービス代表取締役会長・ビルド・ア・ベア ワークショップ代表取締役社長を務める石橋伸康は子息。

略歴[編集]

  • 1939年、奈良県立吉野林業学校卒業後、満州営林庁敦化営林署勤務。
  • 1942年、前橋陸軍予備士官学校卒業。
  • 1948年、満州営林庁敦化営林署復員。
  • 1949年、吉野中央木材取締役就任。
  • 1955年、大和ハウス工業を設立し、常務取締役就任。
  • 1963年、大和ハウス工業代表取締役社長就任。
  • 1980年、大和ハウス工業代表取締役会長就任。
  • 1992年、大和ハウス工業代表取締役相談役就任。
  • 2003年、死去。81歳。
    • その他には住宅建設業団体協議会会長、社団法人住宅生産団体連合会会長も務めた。

逸話[編集]

1959年猪名川で鮎釣りをしていた際、日暮れが迫っているのに子供が帰宅しないのを見かけた。早く帰宅するように声を掛けると、子供達は帰っても勉強部屋も子供部屋も無いと答えた。石橋は戦後の人口増に見合った住宅が普及していないのと考え、社員に技術に研究を開発を命じた。そのときに開発されたのが「ミゼットハウス」である[1][2]

主な著作[編集]

出典[編集]

関連人物[編集]

関連書籍[編集]

  • 樋口武男『先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方』(文春新書
  • 野口均『逆境のリーダー・石橋信夫 大和ハウス工業創業者の壮絶人生と先見の経営』(ダイヤモンド社

外部リンク[編集]