矢吹璋雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
矢吹璋雲
Tensinsya m35.jpg

矢吹 璋雲(やぶき しょううん、嘉永5年7月5日(グレゴリオ暦1852年8月19日) - 昭和2年(1927年9月21日)は、日本画家

人物[編集]

 1852年、良吉の三男として備中国賀陽郡服部村(現岡山県総社市)金井戸に生まれた。本名は熊治(くまじ)。別号に紫竹園がある。

 矢吹家は屋号を「天満屋」と称し、この地方では家柄が良く名家であったが、故あって長男竹次郎は分家して、明治22年(1889年)8月18日に熊治が家督を相続し、尾張藩士族、西村竹八郎の二女たきを娶った。

 若い頃から画を好み、三好雲仙に学び雲岳と号して、同門の中島雲哉らと親しく交わった。

 後年、子息と共に愛知県名古屋市に移住。そこで、奥村石蘭に師事し四条派を学ぶ。

 石蘭の死後、明治31年(1898年)、東京にて川端玉章の画塾・天真社に入り円山派を学ぶ。

 同37年(1904年)4月、愛知県意匠図案調整所を経て、愛知県名古屋高等女学校(現名古屋市立菊里高等学校)、愛知常磐高等女學校(現中部大学第一高等学校)の美術教師となり、先師、石蘭・玉章に倣い雑誌等に記事を著わし名古屋の美術教育会に尽くした。

 教師を辞した後は、名を璋雲と改める。

 名古屋に定住してから後も、郷里の画家の指導や世話を行った。画業のほか篆刻音楽とを好み、その作風は四条と円山との両派を折衷し、花鳥山水を得意とした。

 昭和2年(1927年)に死去。法名は璋雲院秀芳日光居士。墓所は、総社市金井戸と名古屋市千種区にある。

門下[編集]

交流のあった人物[編集]

  • 大橋万峰
  • 水野耕雨

作風[編集]

この頃の中京画壇は東京と京阪の間にあって双方の影響を受けていた。 璋雲も例外ではなく活動拠点を名古屋にしたため強い流派意識は感じられず、自分の気の向くままに、あるいは師匠、先輩画家の指導・忠告に従って、自由に画風を選択することとなり結果折衷様式になっていった。

参考文献[編集]

  • 川島正太郎 編『現今名家書画鑑』真誠堂、(1902年 国立国会図書館デジタルコレクション蔵)
  • 川端虎三郎 編『玉章画集』画報社、(1902年5月1日 国立国会図書館デジタルコレクション蔵)
  • 天真社 第三回展覧会『美術画報 十五編巻十一 「月夜の海岸」』天真社、(1904年9月14日 東京文化財研究所
  • 今枝庄一郎編『すみれ第三號』学友社、1906年4月12日
  • 田部井竹香・山田光春『古今中京画談』興風書院、1911年(風媒社、1977年1月10日)
  • 愛知常磐高等女學校『卒業記念写真帖』愛知常磐高等女學校、1924年3月31日
  • 荒木矢巨編『大日本書画名家大鑑 傳記下編』大日本書画名家大鑑刊行會、1934年6月30日
  • 大月雄三郎『総社市人物風土記: 人物を通じて総社市の歴史をみる』1983年3月1日
  • 総社市史編さん委員会『総社市史 美術編』総社市、1986年3月31日
  • 新修名古屋市史編集委員会『新修名古屋市史 第四巻』名古屋市、2000年3月31日
  • 新修名古屋市史編集委員会『新修名古屋市史 第五巻』名古屋市、2000年3月31日
  • 新修名古屋市史編集委員会『新修名古屋市史 第六巻』名古屋市、2000年3月31日
  • 服部徳次郎『図説 中京書家画人考』名古屋市教育委員会、1974年12月10日
  • 服部徳次郎『愛知書家画家事典』愛知県郷土資料刊行会、1982年8月10日
  • 服部徳次郎『愛知画家名鑑』愛知画家顕頌会、1997年2月10日