瞿曇悉達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瞿曇悉達
出身地: 唐朝西安
職業: 占星術者
各種表記
繁体字 瞿曇悉達
簡体字 瞿昙悉达
拼音 Qútán Xīdá
英語名 Gautama Siddha
テンプレートを表示

瞿曇悉達(くどんしった[1]中文表記瞿昙悉达英文表記Gautama Siddha)は8世紀代の占星術者である。

略歴[編集]

長安(現西安)に生まれたが、祖先はインド出身である。 玄宗の時代に太史監(国立天文台長)に任じられた。1977年に西安で発掘された墓碑によると、瞿曇家は唐朝成立以前に中国に住み始めており、以後代々中国で生活をしていたと推測されている。

開元年間に占星術書『開元占経中国語版英語版』を編纂し、占星術や天文学の資料を整理した。『開元占経』にはインドの天文暦書(シッダーンタ英文表記Siddhanta梵語:नवग्रह)を漢訳した『九執暦』が含まれている。開元6年(718年)にはインド数字の)を中国にもたらし、計算方法に変化をもたらした[2][3]

参考文献[編集]

  • 白寿彝 (1989). 「中国通史」(修订本)第10巻. 上海: 上海人民出版社. pp. 2,009–2,011. ISBN 7-208-04997-1. 
  • 石雲里 (1996). 中国古代科学技術史綱 天文巻. 瀋陽: 遼寧教育出版社. pp. 74–76. ISBN 7-5382-3701-1. 

脚注[編集]

  1. ^ 日本大百科全書に基づく。Gautama Siddhanta の音訳であり、文献によっては「ぐどんしった」と濁る。
  2. ^ 銭宝琮 「中国数学史」北京:科学出版社、1964年
  3. ^ 王青翔『「算木」を超えた男 もう一つの近代数学の誕生と関孝和』東京:東洋書店、1999年2月、ISBN 4-88595-226-3