真宗佛光寺派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真宗佛光寺派(しんしゅうぶっこうじは)は、浄土真宗の一派。本山京都市下京区の「佛光寺」。「真宗仏光寺派」と新字体で表記されることもあるが、正式表記は「真宗佛光寺派」である[1][2]親鸞の門弟真仏が率いる高田門徒の分流である武蔵国荒木(現在の埼玉県行田市荒木)の源海が率いる満福寺を中心とする荒木門徒の流れを汲む。末寺数、約390寺。真仏を祖とし、了源を中興の祖とする。


本尊[編集]

歴史[編集]

詳しくは佛光寺「歴史」のセクションを参照。

歴代宗主[編集]

  • 初代 親鸞 - 宗祖
  • 2代 真仏
  • 3代 源海
  • 4代 了海
  • 5代 誓海
  • 6代 明光
  • 7代 了源 - 中興の祖
  • 8代 源鸞
  • 9代 了明尼 - 史上初の女性法主
  • 10代 源讃(唯了)
  • 11代 性曇
  • 12代 性善
  • 13代 光教
  • 14代 経誉
  • 15代 経光
  • 16代 経範
  • 17代 存海
  • 18代 経海
  • 19代 随庸
  • 20代 随如
  • 21代 寛如
  • 22代 順如
  • 23代 随応
  • 24代 随念
  • 25代 真達 - 興正寺27世本寂(華園摂信)の実弟
  • 26代 家教
  • 27代 真意尼
  • 28代 真空
  • 29代 真照
  • 30代 真承
  • 31代 曉真
  • 32代 惠照

脚注[編集]

関連項目[編集]