益田健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
益田 健太郎
基本情報
本名 益田 健太郎
通称 マッスー、マスケン[1]
階級 バンタム級[1]
身長 165cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-01-29) 1983年1月29日(34歳)[1]
出身地 鹿児島県[1]
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33[1]
勝ち 26[1]
KO勝ち 14[1]
敗け 7[1]
テンプレートを表示

益田 健太郎(ますだ けんたろう、男性、1983年1月29日[1] - )は、日本プロボクサー鹿児島県出身[1]。第68代・第70代日本バンタム級王者。新日本木村ボクシングジム所属。

来歴[編集]

極真空手初段、木山仁の指導を仰ぎ、全日本大会高校の部60キロ以下級3位に入る[1]

2006年7月2日、Zepp Sendaiでプロデビュー判定勝利。

2戦目で初の後楽園ホール、しかし阿部博明(ピストン堀口)に判定で敗れる。3戦目も敗れ2連敗。

2007年10月3日、初のKOで連敗ストップ。

2009年11月3日、東日本新人王決勝戦まで進むも、森島勇治(大橋)4回TKO負け。

2011年5月20日、13戦無敗のバンタム級日本ランカー藤原陽介(ドリーム)に判定勝利で日本ランキング入り。

2011年12月7日、ゴールデンチャイルドボクシング100回記念興行で大竹秀典(金子)と対戦し、10回0-3(94-95、93-96、92-96)の判定負けを喫した[2]

2012年3月25日、元フィリピン王者ダンディ東栄(一力)判定勝ち。

2012年7月7日、後楽園ホールで日本バンタム級王者の岩佐亮佑(セレス)と対戦し7回1分49秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[3]

2014年4月13日、IMPホールにて大場浩平の返上に伴い日本バンタム級1位の川口裕(グリーンツダ)と日本バンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(96-92が2者、96-93)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2014年4月25日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の川口戦を制し王座を獲得した益田を日本バンタム級王者としてランクインした[5][6]

2014年8月4日、後楽園ホールで冨山浩之介(ワタナベ)と対戦し、3回1分32秒KO勝ちを収め日本バンタム級王座の初防衛に成功した[7]

2014年9月9日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述の冨山戦を制し日本バンタム級王座の初防衛に成功した益田を2014年8月度の月間敢闘賞に選出した[8]

2014年12月8日、後楽園ホールで高橋竜也(ヤマグチ土浦)と対戦し、10回3-0(96-94、97-93が2者)の判定勝ちを収め日本バンタム級王座の2度目の防衛に成功した[9]

2015年2月6日、WBCは最新ランキングを発表し、益田をWBC世界バンタム級14位にランクインした[10]

2015年4月13日、後楽園ホールでWBC世界バンタム級13位の大森将平(ウォズ)と対戦し、3回1分35秒TKO負けを喫し日本バンタム級王座の3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[11]

2015年4月27日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の大森線に敗れ王座から陥落した益田を日本バンタム級5位にランクインした[12][13]

2015年9月17日、後楽園ホールで行われた「DANGAN139」で宮坂航(角海老宝石)と54.5kg契約8回戦を行い、8回3-0(78-75、78-74が2者)の判定勝ちを収め再起を果たした[14]

2015年11月2日、最強後楽園ミリオンマッチバンタム級決勝で坂本英生(フジタ)と対戦し、7回2分47秒TKO勝ちを収め日本バンタム級王座への挑戦権獲得に成功、最強後楽園の敢闘賞に選出された[15]

2016年3月18日、大森将平の王座返上に伴い田中裕士(畑中)と日本バンタム級王座決定戦を行い、8回1分40秒TKO勝ちを収め王座返り咲きに成功した[16]

2016年3月24日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の田中戦を制し王座返り咲きを果たした益田を日本バンタム級王者としてランクインした[17][18]

2016年4月1日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述の田中戦を制し日本バンタム級王座への返り咲きを果たした益田を2016年3月度の月間敢闘賞に選出した[19]

2016年6月9日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」で川口裕(グリーンツダ)と対戦し、10回2-1(96-94、96-95、95-96)の判定勝ちを収め日本バンタム級王座の初防衛に成功した[20]

2016年8月8日、IBFは最新ランキングを発表し、益田をIBF世界バンタム級13位にランクインした[21][22]

2016年11月4日、OPBFは最新ランキングを発表し、益田をOPBF東洋太平洋バンタム級8位にランクインした[23][24]

2016年12月8日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」で小澤サトシ(真正)と対戦し、2回1分0秒KO勝ちを収め日本バンタム級王座の2度目の防衛に成功した[25]

2017年1月10日、日本バンタム級王座を返上した[26]

2017年7月7日、WBCは最新ランキングを発表し、益田をWBC世界バンタム級9位にランクインした[27][28]

戦績[編集]

  • 33戦 26勝 14KO 7敗

獲得タイトル[編集]

  • 第68代日本バンタム級王座(防衛2)
  • 第70代日本バンタム級王座(防衛2)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l プロフィール
  2. ^ ランカー対決、大竹が益田下す Boxing News(ボクシングニュース) 2011年12月7日
  3. ^ 2012年7月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年7月7日参照
  4. ^ “益田が日本バンタム級新王者に”. デイリースポーツ. (2014年4月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/04/13/0006861938.shtml 
  5. ^ 2014年度4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年4月25日
  6. ^ 初登場12人、元王者李は引退へ 4月度日本ランク Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月25日
  7. ^ 益田健太郎が冨山を圧倒、日本バンタム級初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月4日
  8. ^ 8月の月間MVPは小原佳太、敢闘賞に益田健太郎 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月9日
  9. ^ 益田健太郎、3-0判定で日本バンタム級V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月8日
  10. ^ 長谷川穂積キャンプイン、久保隼がWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月7日
  11. ^ 大森将平、圧巻の日本バンタム級タイトル奪取 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月13日
  12. ^ 2015年4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年4月27日
  13. ^ フライ級は粉川拓也が決定戦に 最新日本ランク Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月27日
  14. ^ 堀川謙一が日本L・フライ級新王者、小野心を7回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月17日
  15. ^ 最強後楽園MVPは有川稔男、渡部あきのり下す Boxing News(ボクシングニュース)2015年11月2日
  16. ^ 益田健太郎が日本王座返り咲き、田中裕士を8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月18日
  17. ^ 2016年3月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年3月24日
  18. ^ 最新日本ランキング、益田健太郎&西田光が新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月24日
  19. ^ M級新王者の西田光が月間MVP、敢闘賞は益田健太郎 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月1日
  20. ^ 益田健太郎が初防衛、川口裕に2-1で競り勝つ Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月9日
  21. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年8月8日
  22. ^ 日本Fe級王座決定戦は9.24名古屋、IBFランク更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月10日
  23. ^ 2016年10月度OPBFランキング OPBF公式サイト 2016年11月4日
  24. ^ 板垣幸司&池間亮弥の広島勢がOPBFランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月4日
  25. ^ 益田健太郎が小澤サトシを2回KO、日本バンタム級V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月8日
  26. ^ 多田悦子が中国で世界戦、益田健太郎は王座返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月10日
  27. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年7月7日
  28. ^ 岡田博喜、松本亮、益田健太郎らがWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
大場浩平
第68代日本バンタム級王者

2014年4月13日 - 2015年4月13日

次王者
大森将平
空位
前タイトル保持者
大森将平
第70代日本バンタム級王者

2016年3月18日 - 2017年1月10日(返上)

空位
次タイトル獲得者
赤穂亮