田中裕士 (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 裕士
基本情報
本名 田中 裕士
階級 バンタム級
身長 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-10-28) 1991年10月28日(27歳)
出身地 愛知県名古屋市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 19
KO勝ち 13
敗け 2
引き分け 3
テンプレートを表示

田中 裕士(たなか ゆうし、男性、1991年10月28日 - )は、日本プロボクサー愛知県名古屋市出身。SOUL BOX畑中ボクシングジム所属。元WBC世界バンタム級ユース王者

来歴[編集]

享栄高校3年次にインターハイ国体出場。部活引退後、高校の先輩畑中清詞の畑中ジムに入門[1]。2009年11月22日、名古屋国際会議場にてプロデビューを1回TKO勝利。この興行では高校の同期児玉善徳もデビューしている。

2010年8月7日、名古屋市公会堂での中日本新人王決定戦に出場し、4回引き分け後優勢勝ちで中日本新人王を獲得、敢闘賞も受賞[2]

西日本・西部日本新人王に連勝し、全日本新人王決定戦スーパーフライ級西軍代表になり、後楽園ホールで東軍代表佐藤宗史と対戦、4回引き分けで延長戦に持ち込むも全日本新人王は逃した[3]

2011年3月13日、中日本新人王で引き分けた相手をKOすると、6連勝。

2013年3月17日、名古屋国際会議場にて野崎雅光が持つWBC世界バンタム級ユース王座に挑戦するが、引き分け[4]

2013年7月14日、野崎が返上して空位になったユース世界王座をWBCインターナショナルユースバンタム級王者ベルゲル・ネブランフィリピンの旗 フィリピン)と争い、判定3-0でプロ初タイトルを獲得[5]

2013年11月10日、ユース世界王座初防衛戦としてノラシン・パタナカーンジムタイ王国の旗 タイ)と対戦、初回序盤にボディを捕らえダウンさせ、テンカウントを聞かせて初防衛成功[6]

2014年3月16日、ユース世界王座2度目の防衛戦としてジョン・バジャワ インドネシア)と対戦、8回に左フックでダウンを奪うと、立ち上がった相手に連打を喰らわせレフェリーストップTKOで2度目の防衛に成功[7]

2014年11月23日、前回3月16日の2度目の防衛戦で負傷し、8ヶ月ぶりの防衛戦となった。ユース世界王座3度目の防衛戦としてレンディ・ストーン インドネシア)と対戦、3回ダウンを奪うと、試合終盤連打を喰らわせ2度目のダウンを奪うと、レフェリーストップTKOで3度目の防衛に成功。以降はユースタイトルを返上し、日本タイトルやOPBF、世界タイトルを狙っていくと公言。

2016年3月18日、後楽園ホールで大森将平の王座返上に伴い日本バンタム級1位の益田健太郎と日本バンタム級王座決定戦を行い、8回1分40秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[8]

2017年3月10日、後楽園ホールで益田健太郎の王座返上に伴い日本バンタム級1位の赤穂亮と日本バンタム級王座決定戦を行い、10回0-3(93-98、92-98が2者)の判定負けを喫しまたも王座獲得に失敗した[9]

戦績[編集]

  • 24戦 19勝(13KO)2敗3分

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 児玉&田中の亨栄コンビがプロ入り 畑中ジムから11.22デビュー ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月22日
  2. ^ “最優秀・柘植、技能・松本、敢闘・田中 中日本新人王決勝”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2010年8月7日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2010/08/blog-post_07.html 2014年3月22日閲覧。 
  3. ^ “8戦全KO土屋MVP、技能は原 全日本新人王戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2010年12月19日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2010/12/blog-post_7331.html 2014年3月22日閲覧。 
  4. ^ “野崎と田中ドロー WBCユース戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年3月17日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/03/wbc.html 2014年3月22日閲覧。 
  5. ^ “田中裕士がユースタイトル獲得”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年7月14日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/07/blog-post_4499.html 2014年3月22日閲覧。 
  6. ^ “田中恒がデビュー、世界ランカーに判定勝利”. Boxing News(ボクシングニュース). (2013年11月10日). http://boxingnews.jp/news/8042/ 2014年3月22日閲覧。 
  7. ^ “田中恒デビュー2連勝、田中裕ユースタイトル守る”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年3月16日). http://boxingnews.jp/news/11792/ 2014年3月22日閲覧。 
  8. ^ 益田健太郎が日本王座返り咲き、田中裕士を8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月18日
  9. ^ 赤穂亮が判定で日本B級王者に、田中裕士は及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
野崎雅光
第10代WBC世界バンタム級ユース王者

2013年7月14日 - 2014年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ダリル・バサドレ