皿倉山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
皿倉山
Sarakurayama03.jpg
標高 622 m
所在地 福岡県北九州市八幡東区
位置 北緯33度50分47秒
東経130度47分47秒
山系 帆柱山系
皿倉山の位置(赤点)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

皿倉山(さらくらやま)は、福岡県北九州市八幡東区にある標高622mである[1][2][3]権現山、帆柱山、花尾山などと共に帆柱連山を形成し、北九州国定公園の一部を成す[1][4]

名前の由来[編集]

神功皇后の伝説が多く残る山としても知られ、山の名前も神功皇后の言葉に由来すると伝えられている。この山に登った神功皇后が下山するときには日が暮れていて「更に暮れたり」と言ったことから、この一帯が更暮山または更暗山と呼ばれ、それが更倉山に転じたと言われている[5]

登山コース・山頂[編集]

複数の登山ルートが整備されており、八幡東区の皿倉山ケーブルカー山麓駅近くの皿倉表登山道[6]河内貯水池近くの河内登山口[7]、同区末広町の住宅街から登る大蔵登山口[8]八幡西区市瀬の市瀬峠(福智山・尺岳方面からの中継地点)から九州自然歩道を経由するコース[9]、近隣の権現山や花尾山を経由するコースなどがある[10]

北側山麓からは皿倉山ケーブルカーが敷設されており、ケーブルカースロープカーを乗り継いで山頂に到達することができる[11]

山頂のパノラマ展望台からは北九州市夜景を見渡すことができ、市は「100億ドルの夜景」と銘打っている[4]。視野角200度に広がる夜景は、夜景愛好家らのインターネットコミュニティにおいて「新日本三大夜景」の一つに選定されている[12]

山頂まで自動車が通行可能な道路も整備されているが、2017年12月1日から皿倉平より先は終日、関係車両以外の通行ができなくなった[13]

見所・スポット[編集]

  • 国見岩:岩の高さ7メートル、岩上面積100平方メートル。北九州市でも数少ないロッククライミングの練習場となっている[14]。神功皇后が皿倉山に登って国を見たという伝説から名付けられた岩で、野口雨情が神功皇后の皿倉山に残る伝説を謡った歌碑も存在する[15]
  • 皇后杉:権現山北面の約4haにわたり、樹齢250年をこえる老杉が林立している。江戸時代の黒田藩(福岡藩)の政策により植えられた杉林。神功皇后の伝説にちなんで、皇后杉と呼ばれている[14][15]
  • 楓杉峡:皿倉表登山道の6合目付近の峡谷。左手に杉、右手に楓が見え、紅葉の頃が見頃となる[14]
  • 帆柱森林植物園:皿倉山の南側に広がる植物園。ツバキや薬用植物、フユザクラなど区画ごとに植物群が植栽されている[14]
  • 皿倉山ビジターセンター:帆柱自然公園の情報を発信すると共に、自然教育やイベントも開催している[16]
  • 北九州フィールドアーチェリーランド:皿倉平(8合目)のすぐ下で営業している。
  • 北九州市立帆柱キャンプ場:テントサイト26区画(夏休み期間はテント常設)[17]
  • 皿倉平:皿倉山頂、帆柱植物園、権現山、皿倉林道に交わる場所[18]

イベント[編集]

皿倉山ケーブル山麓駅までのアクセス[編集]

  • 無料シャトルバス:土曜日・日曜日・祝日は「JR八幡駅~皿倉山ケーブル山麓駅」間を無料シャトルバスが運行する(イベント開催時などに臨時運行することもある)[13]
  • JR八幡駅から[13]
    • 徒歩:JR八幡駅から徒歩25分(約1.5キロメートル)
    • 西鉄バス「八幡駅前」から「帆柱登山口」下車、徒歩10分
  • JR黒崎駅から[13]
    • 西鉄バス「黒崎バスセンター」から「帆柱登山口」下車、徒歩10分
  • 小倉方面から[13]
    • 小倉方面から「中央二丁目」で乗換。「帆柱登山口」下車、徒歩10分
  • 西鉄高速バス・快速バスを利用した場合[13]
    • 小倉方面・福岡市方面から高速バス「いとうづ号」で「高速皿倉山ケーブル」下車、徒歩3分
    • 小倉方面から快速「筑鉄香月行き」で「高速皿倉山ケーブル」下車、徒歩3分

放送局の送信所・基地局[編集]

放送局などの送信塔群(権現山より撮影)。

皿倉山には地元放送局のテレビFM送信所や、新聞社、電力会社、警察庁等の無線基地局があり、北九州市や筑豊方面に電波を送信している。このうち、デジタルテレビ空中線電力(出力)は1kW、FMラジオが250Wである。かつて放送されていたアナログテレビのうち、VHFは1kW、UHFは10kWであった。

総務省の定めたデジタルテレビ放送の受信可能エリアは以下の通り。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 北九州国定公園”. 福岡県. 2018年4月9日閲覧。
  2. ^ 地理院地図 帆柱山”. 国土交通省国土地理院. 2018年4月9日閲覧。
  3. ^ Sarakurayama”. 北九州市観光サイト(英語). 2018年4月9日閲覧。
  4. ^ a b 皿倉山へようこそ”. 北九州市. 2018年4月9日閲覧。
  5. ^ 皿倉山リニューアル計画(前半)”. 北九州市. p. 3. 2018年4月9日閲覧。
  6. ^ 皿倉山表登山道”. 皿倉山ビジターセンター. 2018年4月11日閲覧。
  7. ^ 東河内登山口”. 皿倉山ビジターセンター. 2018年4月11日閲覧。
  8. ^ 大蔵登山口”. 皿倉山ビジターセンター. 2018年4月11日閲覧。
  9. ^ 九州自然歩道”. 皿倉山ビジターセンター. 2018年4月11日閲覧。
  10. ^ 花尾・帆柱コース”. 皿倉山ビジターセンター. 2018年4月11日閲覧。
  11. ^ 皿倉山アクセス”. 皿倉山ケーブルカー. 2018年4月11日閲覧。
  12. ^ 新日本三大夜景・夜景100選”. 夜景倶楽部. 2013年8月19日閲覧。
  13. ^ a b c d e f アクセスマップ”. 北九州市. 2018年4月16日閲覧。
  14. ^ a b c d おすすめポイント”. 北九州市. 2018年4月16日閲覧。
  15. ^ a b 皿倉・河内エリア”. 北九州市. 2018年4月16日閲覧。
  16. ^ 皿倉山ビジターセンターご利用案内”. 皿倉山ビジターセンター. 2018年4月16日閲覧。
  17. ^ 帆柱キャンプ場”. 北九州市. 2018年4月16日閲覧。
  18. ^ 皿倉山リニューアル計画(後半)”. 北九州市. p. 3. 2018年4月16日閲覧。
  19. ^ 北九州パラグライダー振興会”. 皿倉山ケーブルカー. 2018年4月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]