白鳥塚古墳 (宝塚市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白鳥塚古墳
Hakuchoduka Kohun.jpg
所在地 兵庫県宝塚市中山寺2-11-1
位置 北緯34度49分16.5秒
東経135度22分03.5秒
出土品 石棺
築造時期 7世紀初頭
史跡 昭和35年(1965年)兵庫県指定
テンプレートを表示

白鳥塚古墳(はくちょうづかこふん)は、兵庫県宝塚市中山寺境内にある古墳。中山寺境内にある事から、「中山寺古墳」と呼ばれる事もある。

巨石で築造された横穴式石室家形石棺を持つ。

概要[編集]

兵庫県の指定史跡。

長尾山系の山麓段丘、中山寺境内に立地する。変形し墳丘の形状は不明だが、最大径30メートル以上の大型円墳方墳と考えられている。

横穴式石室玄室は長さ6メートル・幅2.5メートル・高さ3メートル、羨道部は長さ9.2メートル・幅2メートル・高さ2.4メートルで、ほぼ南向きに開口する。

床には敷石を敷き、5枚以上の天井石を載せてある。

玄室の中央奥寄りに、長さ190センチメートル・幅115センチメートル・高さ50センチメートルの家形石棺を安置する。石棺はくりぬき式で、蓋には6個の縄掛突起がある。材質は凝灰岩で、播磨龍山の岩を用いたと推定される。

家形石棺の形態から見ると、7世紀初頭の造営と考えられている。

古くから名所となっており、副葬品等の有無は不明である。

縁起[編集]

18世紀の摂津名所図会に「石の唐櫃(からと)」と記載されている。

中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられている。 また、大中姫の子、忍熊皇子もこの地に葬られ、異母弟である応神天皇が慰霊の使者を送ったところ、忍熊皇子の霊が「恨みを捨て、厄除神になる」と答えて古墳の羨道から白鳥が飛び出し、山中の石(中山寺奥之院の白鳥石)の中に消えた、とある。

忍熊皇子は瀬田川で亡くなっている[1]ことと、忍熊皇子と家形石棺の年代に大きなずれがあることから、大中姫と忍熊皇子の霊を聖徳太子が中山寺に祀った伝承により大中姫の墓とされたと想像され、実態はこの地区に勢力を持っていた豪族の墳墓と考えられる。

所在地・交通[編集]

周辺情報[編集]

脚注・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本書紀』によると、忍熊皇子は継母である神功皇后及びその子応神天皇に対し反乱を起こし、瀬田川で敗死した。
  • 『広報たからづか』

関連項目[編集]